• ホーム
  • 映画
  • 広瀬すず、生田斗真の立ち姿に「ズキューンってしました」

広瀬すず、生田斗真の立ち姿に「ズキューンってしました」

 青春映画の名手・三木孝浩がメガホンを取る教師と生徒のラブストーリー『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(10月28日公開)。意外にも王道ラブストーリーへの出演は初挑戦となった広瀬すずが、教師に恋する女子高生・響を演じている。ORICON NEWSではそんな広瀬にインタビューを敢行し、役へのアプローチ方法や、初共演となる生田斗真の印象などを聞いた。

生田斗真と初共演「立ち方がすごくカッコよくて、ズキューンってしました」

――広瀬さんにとって初の本格ラブストーリーとなった本作。演じてみていかがでしたか?
広瀬すず今までは仲間や家族を思う作品が多かったんですけど、今回は人を好きになる役だから、最初からその気持ちを作るのが難しかったです。仲間の物語だと、現場で相手といろんなことを共有して、実際にそういう関係になって、役として生きていくからやりやすいんです。でも、今回は一対一で、自分が相手を好きになっていく役なので…。(相手役の)生田(斗真)さんは初めてご一緒する方だし、その過程をどうやって作ったらいいんだろうと思いました。

――どんなふうにヒロインの響と気持ちを重ねていったんですか?
広瀬すず生田さんが、めちゃめちゃ“伊藤先生”だったんです。ホントに優しい方で、座長としてキャストやスタッフの皆さんをすごく盛り上げてくださって。すごくいろんな方に「ありがとう」と言っているところを見て、すごいなって思いました。生田さんが優しいからこそ、惹かれる気持ちもわかるし、お芝居で伊藤先生にキツイことを言われるとグサッときて。気がついたら響と気持ちが重なっていました。

――生田さん演じる伊藤先生のカッコいいシーンが満載ですが、特にキュンとしたシーンはありますか?
広瀬すず先生が校門の前に車を止めて立っているシーンで、車に寄っかかっていた先生が一歩前に出るところがあるんです。その立ち方がすごくカッコよくて、ズキューンってしました(笑)。すぐ生田さんご本人に伝えたら、「え、そこ?」って。撮影終盤に撮ったシーンだったので、「結構、今までにキュンキュンするシーン撮ってたんだけどな」って言われました(笑)。あとで気づいたんですけど、伊藤先生が“先生”から“男性”になって、見え方が変わった瞬間だったからなのかなって思います。

――ラストに流れるスピッツの「歌ウサギ」も、響と伊藤先生のピュアな恋にピッタリで。
広瀬すずここまでピッタリな声って…なんなんだろう! って思いました(笑)。物語は響の目線で進んでいたけど、先生の気持ちを代弁してくれているような優しいボイスだなって。ホントにステキな主題歌で、うれしかったです。

手が届かない人を好きになったら…「早く結婚してほしい(笑)」

――響の伊藤先生への恋には“教師と生徒”という障害がありますが、広瀬さんは手の届かない人を好きになったらどうしますか?
広瀬すずえ〜っ、どうしましょう…。もともと自分からアクションを起こせるタイプではないので、静か〜に、でも長〜く、想い続けるだけかもしれないです。でも、手が届かないってわかってるなら、もはや早く相手の人に(別の人と)結婚してほしい。そしたらたぶん、あきらめがつくから(笑)。

――劇中に「好きになっちゃいけない人なんていない」っていうセリフがありましたけど、広瀬さんはあんまりそういう人を好きになりたくない…?
広瀬すず好きになっちゃいけない人はいないと思うんですけど、私の場合はチキンだから(笑)。平和に、平和にって思っちゃいます。

――本作を含め、漫画原作の作品に出演することも多いですよね。『四月は君の嘘』では、あえて原作を読むのを途中でやめたというお話もされていましたが、作品に取り組む上で意識していることはありますか?
広瀬すず原作に引きずられてしまうタイプなので、今回も原作は3、4巻くらいまでしか読んでいないんです。『ちはやふる』も3、4巻だけですし、『海街diary』も読んでいませんでした。誰かのことを思っているキャラクターを演じるわけだから、やっぱり現場で生まれたものを感じたいんです。

――毎回、本当にいい作品で実績を積み重ねていますよね。どんなことがご自分の強みになっていると思いますか?
広瀬すず強みはやっぱり、作品や人との出会い。ホントに運が強いなって、自分でも思います。中でも是枝(裕和)監督は、『海街diary』の後もずっと、ドラマや映画の現場に遊びに来てくださるんです。『海街』からは3年経っているんですけど、今年はまた3年越しにお仕事(映画『三度目の殺人』)ができて。勝手に信頼させてもらっている監督が近くにいて、ご一緒したら絶対に得るものがあるっていう環境があるのは、すごく強みだなって思います。

『海街』のお姉ちゃんたちに「プライベートのことも相談するようになりました」

――今年の3月に高校を卒業して女優業に専念していますが、何か変わったことはありますか?
広瀬すず今までは割と早くおうちに帰りたい派だったんですけど、ご飯を食べに行ったりしたとき、ちょっと遅くなってもいいかなっていう心のゆとりができました。といっても10時半くらいですけど、前は9時くらいに帰りたいタイプだったので(笑)。今はちょっと時間が遅くても、ちょっとだけ会いに行こうかなって思うことが増えて、かわいがっていただいている先輩と会う時間がだいぶ増えました。

――たとえば、どんな方と会っているんですか?
広瀬すず一時期ずっと会っていたのは、『海街diary』のお姉ちゃんたち(綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆)です。前からグループで連絡を取ることはあったけど、個人的に連絡することはなかったんです。皆さんはされていたと思うんですけど、私はあんまり共通の話題がなくて。一番年齢が近い夏帆さんでも7コ上なので…。でも、今はその殻がちょっと破けて、個人的にも連絡を取って、プライベートのことも相談するようになりました。
――これから始めたいことはありますか?
広瀬すずおいしいごはん屋さんを頭の中に入れて、制覇したいです(笑)。私、休みの日のご褒美に、ちょっと贅沢しようよって言って、家族とごはん屋さんに行くのがモチベーションになってるんです。そういうとき、いつもグルメな人に聞くんです。「こういうのが食べたいんだけど、どこがオススメなの?」って。そうするとポンポンと何個も送られてくるから、すごいなと思って。そういうことにすごく憧れています(笑)。
(写真:嘉陽宗也 文:加藤恵)

映画 『先生! 、、、好きになってもいいですか?』予告編

原作:河原和音『先生!』(集英社文庫コミック版)
監督:三木孝浩 脚本:岡田麿里
出演:生田斗真 広瀬すず 竜星涼 森川葵 健太郎 中村倫也 比嘉愛未 八木亜希子 森本レオ
10月28日公開

【公式サイト】(外部サイト)
(C)河原和音/集英社(C)2017 映画「先生!」製作委員会

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!