• ホーム
  • 芸能
  • 綾瀬はるか、10代で訪れた転機「この仕事、面白い」

綾瀬はるか、10代で訪れた転機「この仕事、面白い」

 “かっこよさとかわいさを併せ持つニューヒロイン”。女優・綾瀬はるか(32)が主演する日本テレビ系連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(毎週水曜後10:00)で、元特殊工作員ながら現在はセレブ妻という一風変わった主人公・伊佐山菜美を好演している。劇中では周囲の主婦たちが抱える問題にキレッキレのアクションを駆使して立ち向かいながら、大好きな旦那さんのために料理や夜の営み(!)を盛り上げようと真剣に努力する姿が愛らしい。ORICON NEWSではそんな綾瀬にインタビューを行い、撮影現場の雰囲気やみどころ、また役柄にちなみ、“第二の人生”についても聞いてみた。

兄弟役だった西島秀俊と夫婦に…「え、旦那さん?」という恥ずかしさも

 人気ドラマ『SP』シリーズ、『BORDER』などを手掛けた金城一紀氏による原案・脚本の同ドラマ。現在は平穏な生活を送る専業主婦の菜美だが、元特殊工作員というだけに武術に長けており、実際にクランクインから3ヶ月前より“カリシラト”というアクションのトレーニングを積んだ。ほんわかイメージが浸透している綾瀬だが「初めて習う武術だったので覚える前までは難しさもあったけど割と楽しかったです。覚えは早い方らしいです」と持ち前の運動神経の良さが発揮されている。

 金城氏の前作『CRISIS』にも出演した夫・勇輝役の西島秀俊とは「別の撮影のときに、トレーニングで習った手首のスナップとか避け技を一緒に練習したりしていました」と、大河ドラマ『八重の桜』で兄妹を演じたこともありその関係性は継続。「カメラが回っていないところでも、お兄ちゃんのような感じだったので『え、旦那さん?』みたいな恥ずかしい気持ちもありました。でも逆に、仲が良いからこそ、やりやすくてよかったと思ってます。一話のラストでは、西島さんのスーツをクルッと回して脱がせるという動きがあるのですが、その場面も話し合ったりして、いろいろスムーズにできました」と“夫婦仲”はバッチリだ。
 第1話では同じ料理教室で友達になった主婦仲間が夫からDVを受けていることにいち早く気付き、終盤ではそのDV夫と対峙。その際に凛々しい顔つきが美しくカッコよく印象的だった。「戦闘モードや、『あの人、おかしい』と洞察力を働かせている時は目線を鋭く“本来の菜美”で演じていて、広末涼子さんや本田翼さんら奥様同士でいるとことは、まだ慣れていない、2人の会話についていけない様子をコミカルな感じで」と意識しているという。バラエティー番組や会見の場では天然な素顔がいつもチャーミングな綾瀬だけに、その二面性あるキャラクターに話題が集まりそうだ。

19歳の時に感じた仕事の面白さ、「ここが第二のスタートなのかな」

 一方で、壮絶な過去を捨て、ゼロから人生を歩み始めた菜美にちなんで「もし第二の人生のスタートが切れるなら?」と聞くと、「私はドラマや映画に影響されやすくて、すぐ『こういう世界に行ってみたい』と思うんです。例えば英語を猛特訓して映画『プラダを着た悪魔』のようなアメリカのオフィスに忍び込んでみたい。クロワッサンとかかじってカフェラテ持って『オーマイガー!』みたいな感じで!(笑)」と楽しそうに妄想をふくらませる姿に和ませられた。

 15歳で芸能界デビューを果たし、現在では女優として確固たるポジションを築いているが「東京に来て、一生懸命やってきたつもりだけど『この仕事面白い』ってやる気になったときにある意味、『ここが第二のスタートなのかな』と思いました。19歳くらいの時ですね。『セカチュー』(『世界の中心で、愛をさけぶ』では、なんか、演技って面白いのかも、と思いました」と10代で迎えた転機についても語った。

 今後のドラマの展開としては「毎度毎度みるほどに面白くなります」と自信をのぞかせる。「菜美の生い立ちや、なぜそういう強い女性になったのか、過去の秘密もちょっとずつ明らかになったり、広末さんや本田さんの家庭の問題も見えてきます。観ている人が共感できるメッセージが必ずあります」。まだまだドラマは始まったばかりだが、これが「女優・綾瀬はるかの第二章」と呼べる代表作に育っていくのか、カッコよくてかわいい菜美にワクワクしながら期待したい。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!