【映画】今週末なに観る? おすすめ映画予告編5選(6月23日号)

 今週末、公開のおすすめ映画をピックアップ! ディーン・フジオカが魅惑的な結婚詐欺師を演じる『結婚』や、向井理が祖母の手記を映画化した『いつまた、君と 〜何日君再来〜』、菊地凛子がジェンダーレスなアンドロイドの靴職人を演じる『ハイヒール〜こだわりが生んだおとぎ話』などが公開される。予告編をチェックして劇場へGO!
6月23日〜6月24日に劇場公開される映画予告編です。
※全ての公開作品が掲載されているわけではありません。

『結婚』 ディーン・フジオカ、今度はなんと結婚詐欺師に!?

直木賞作家・井上荒野の小説『結婚』を実写映画化。ディーン・フジオカが魅惑的な結婚詐欺師を演じる。主題歌は、自らが書き下ろした楽曲!

<ストーリー>
あるときは小説家、またあるときは空間コーディネーターと、次々と姿を変え、女たちを騙していく結婚詐欺師・古海健児(ディーン・フジオカ)。この上なく完璧な男の一言「結婚しよう」は、その関係が終わりを告げる合図だ。彼が持つ孤独と欲望の行き着く先とは!? そして古海の本当の目的とは!?

(C)2017「結婚」製作委員会
【6月24日(土)公開】

『いつまた、君と 〜何日君再来〜』 向井理の企画映画で豪華共演が実現!

向井理が祖母の手記を映画化。岸本加世子、駿河太郎、イッセー尾形、野際陽子、尾野真千子ら日本映画を代表する豪華俳優陣が集結! さらに、主題歌は高畑充希が歌う昭和の名曲「何日君再来」。脚本は、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の山本むつみが担当。また、今月13日に亡くなった野際陽子の遺作に。

<ストーリー>
理(成田偉心)は、突然倒れた祖母・芦村朋子(野際陽子)の家で、亡くなった夫との思い出を記していた手記を見つける。理は朋子の代わりに手記をまとめていくことに。そこに綴られていたのは、祖母・朋子(尾野真千子)と祖父・吾郎(向井理)の夫婦と家族の愛の物語だった。

(C)2017「いつまた、君と 〜何日君再来〜」製作委員会
【6月24日(土)公開】

『ハイヒール〜こだわりが生んだおとぎ話』 菊地凛子がアンドロイドを演じる!

菊地凛子がジェンダーレスなアンドロイドの靴職人を演じる。 共演の小島藤子、玄理、谷口蘭が演じるアンドロイドも個性的。ファンタジーな世界観や、有名ブランド・CHANELとコラボレーションした衣装も魅力!

<ストーリー>
アンドロイドの靴職人・Kaiは自身のエラー”こだわり“と向き合いながら真摯に靴を作っていた。そんなある日、とある客がKaiにハイヒールをオーダーする。「自分にぴったりな靴を作りたい」という要望に応えるべく完成したハイヒールは、片方のサイズがほんのすこし合わない。Kaiは必ず解決すると約束し、再びハイヒールと向き合うが…。

【6月24日(土)公開】

『ひだまりが聴こえる』 男子大学生の友情を描く人気コミック実写化!

難聴の大学生とその友人関係を描いた人気の同名マンガが実写化! 注目の若手俳優、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(テレビ朝日特撮ドラマ)の多和田秀弥と、映画『ひるなかの流星』の小野寺晃良が共演する。一部公開劇場で日本語字幕付きのバリアフリー上映も。

<ストーリー>
難聴のために周囲と距離を置いてしまう大学生・杉原航平(多和田秀弥)。そんな公平が出会ったのは、明るい性格で素直な同級生・佐川太一(小野寺晃良)だった。正反対の二人はいつしか距離が縮まっていき、航平を変えていく。ところが、近づけば近づくほど二人の距離に期待と不安が募っていく…。

(c)文乃ゆき/プランタン出版 (c)2017「ひだまりが聴こえる」製作委員会
【6月24日(土)公開】

『フィフティ・シェイズ・ダーカー』 恋の行方に目が離せない! 人気作の第2章

全世界興収5億7千万ドル以上という記録を打ち立てた2015年の映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の第2章がついに公開! ゴージャスでドラマティックな世界にドキドキすること間違いなし!

<ストーリー>
大企業のCEO・グレイと恋に落ちた恋愛未経験の女子大生・アナ。グレイの歪んだ愛を受け入れきれず彼のもとを去るが、秘かに思い続けていた。グレイもまた、アナへの想いが断ち切れず関係を戻したいとアプローチをする。アナは喜びを感じながらも、アナの方から新たな条件を要求するが…。

(C)2016 UNIVERSAL STUDIOS
【6月23日(金)公開】

☆他の週末公開作品の予告編をチェックする(外部サイト)

あわせて読みたい