• ホーム
  • 映画
  • 【亀梨和也インタビュー】「シンプルな部分を失いたくない」、仕事と恋愛観を告白

【亀梨和也インタビュー】「シンプルな部分を失いたくない」、仕事と恋愛観を告白

 KAT-TUNの亀梨和也が、自身初の恋愛映画『PとJK』で主演。彼が演じるのは、女子高生と“年の差婚”をする警察官だ。アイドルとして活躍する亀梨ならではの“キラキラ”オーラを封印、役者としても新たな挑戦となった本作について語ってもらった。自身が考える恋愛観、そして“KAT-TUNの亀梨和也”という立場について思うこととは?

警察官役だけに、「ついキメたがる」クセが出ないように

――映画『PとJK』は、警察官と女子高生が夫婦になってしまう漫画原作の胸キュンラブストーリー。警察官の主人公・功太を演じると聞いたときはどう思いました?
亀梨和也 まずは、自分に務まるのかな?と思いました。少女マンガの実写化だから、「ト書きに“壁ドン”とか書いてあったらどうしよう。オレ、30歳だけど大丈夫?」と(笑)。でも現場に入って撮影が進むうちに、そういう感じではないと気づいて。フィクションではあるけれど、ただの夢物語的な世界観で表現するのは違うと、体感でわかっていきましたね。

――今回は、これまで亀梨さんが演じたどんな役柄とも違うキャラクターを作り上げていますよね。“キラキラオーラ”をあえて消して、ごく普通の男性になっている“亀梨和也”がすごく新鮮でした。
亀梨和也 警察官という役をやるにあたって、まずリアリティーにこだわりました。僕、普段はついキメたがっちゃうから、そのクセが出ないようにしたんです(笑)。廣木(隆一)監督も、“キラキラ全開の亀梨をちょうだい”という感じではなかったから、僕からも「クセが出ちゃったらすぐに言ってください」とお願いして。ただ、試写の後に監督と話したら「功太が警察手帳を出すシーンだけは、ちょっと(キメる亀梨が)出ちゃったな」と言っていました。

――なるほど。土屋太凰さん演じるカコを不良から助けるシーンですよね。確かにカッコ良くキマってました。
亀梨和也 そうなんです。「あれはちょっとキレッキレだったね」と(笑)。

ロケ先のホテルで悩んだ“表”と“裏”のギャップ

――“オーラを消す”以外にこだわったこと、難しかった部分は?
亀梨和也 自分の中では常に、リアルな警察官というところをベースにしていたので、その“表の功太”と、カコちゃんと家にいるときの“裏の功太”のギャップをどう演じるか、バランスが難しかったです。2人は新婚の夫婦ですから、家の中ではカコちゃんがいろいろ繰り出してくるわけですよ、そんなグイグイくる女子高生に対して、10歳も年上の警察官がどうリアクションするか。寄せ過ぎたら気持ち悪いし、だからといって嫌な顔をするのも違うじゃないですか。だから、例えばカコちゃんが功太の部屋のソファにぬいぐるみを並べているシーンでも、わかっているけど気づいていない振りをしたりして。

――さりげなくスルーしていました。
亀梨和也 功太がぬいぐるみを持って一緒に盛り上がってあげてもいいけど、なんか気色悪いでしょ(笑)。お風呂上がりにカコちゃんがチューを待っているシーンでも、素っ気なさ過ぎてもダメだし、笑っているのも余裕がありすぎてイヤな感じだし……。

――でも、功太のリアクションは絶妙でしたよ。
亀梨和也 いや、めちゃくちゃ悩んだ結果、功太もチューしたいだろうけど、“ちょっと”我慢するというところに落とし込んだんです。家の中は2人だけの世界だから自由なんだけど、それでは観ている人に功太の心情が伝わりにくい。年上で、なおかつ警察官としての案配をどうするか、ロケ先の函館のホテルでずっと悩んでいました。ただ、そんな功太の葛藤も、カコちゃんのフィルターを通すと、すべてが素敵に見えるというか。僕は、とにもかくにもこの映画はカコちゃんの純粋な部分がすべてだと感じていて。それを演じる土屋さんの役に対する想いが、作品を引っ張ってくれたと思っているんですね。功太はどちらかというと“陰”なタイプだけど、彼女と出会ってから止まっていた自分の中の時計が動き出す。その変化も、土屋さんがあれだけ生き生きと演じてくれたからこそ、表現できたんじゃないかな。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!