松田聖子×財津和夫が37年ぶりタッグ 新曲「風に向かう一輪の花」

歌手・松田聖子が9日、デビュー40周年記念アルバム『SEIKO MATSUDA 2020』(30日発売)に収録される新曲「風に向かう一輪の花」を先行配信した。作曲はこれまでに「夏の扉」「白いパラソル」「チェリーブラッサム」「野ばらのエチュード」などを提供してきたシンガー・ソングライターの財津和夫、作詞は松田自身が手がけた。このタッグは「小さなラブソング」(1983年)以来37年ぶりとなる。

松田は1980年4月、シングル「裸足の季節」で...

この記事の画像

  • 財津和夫との37年ぶりコラボ曲「風に向かう一輪の花」も収録される松田聖子40周年記念アルバム
  • 松田聖子作詞、財津和夫作曲の新曲「風に向かう一輪の花」配信ジャケット
  • 新曲「風に向かう一輪の花」の作曲を手がけた財津和夫
  • デビュー40周年を迎えた松田聖子

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索