日本初の航空自衛隊救難団のために開発されたレスキューウォッチ12月発売

国産の腕時計メーカー・ケンテックスジャパンより、メディックと呼ばれる航空自衛隊の救難員達に向けた日本で唯一のレスキュー専用ウォッチ“航空救難団専用モデル”「JASDF ARW-60J」の製品が12月に発売される。

メディックには腕時計の貸与品がなく、自費で購入している背景がある中、ケンテックスは、レスキューウォッチ開発のために隊員へのインタビュー...

この記事の画像

  • 国産の腕時計メーカー・ケンテックスジャパンより、航空自衛隊の救難員達に向けて開発されたレスキュー専用ウォッチ「JASDF ARW-60J」が12月に発売される
  • パルスメーター(脈拍計)や、夜間でも20年以上自家発光するトリチウム式インデクス針を採用
  • 部隊スローガンである「That Others May Live ―他を生かすためにー」の言葉と、3機の航空機をあしらう
  • 過酷な任務を実行する、航空自衛隊の救難員(メディック)向けて開発された“航空救難団専用モデル”
  • “航空救難団専用モデル”開発にあたり、隊員にヒアリングを実施し、現場の意見を基に開発された

提供元: OLIVER

オリコントピックス