アーティストトータルセールス
嵐の独占インタビューを公開!
MENU
順位 アーティスト名 総合売上金額(単位百万円) 着うた(R)
1
14,461

2
12,932

着うた(R)
3
6,895

着うた(R)
4
5,374

着うた(R)
5
5,200

※上記アーティストにはBlu-ray Disc作品の売上金額はありません。
【調査期間】2008年12月22日付〜2009年12月21日付
(2008年12月8日〜2009年12月13日)
嵐、記録尽くしの2009年!

 シングル、アルバム、音楽DVDの各部門で最多セールスを記録した嵐が、144.6億円を売り上げ、アーティストトータルセールスでもNo.1を獲得、2009年のミュージックシーンを完全制覇した。個々の活躍と5人の結束力がもたらす楽しさと爽やかさは、性別・年齢問わずに虜になってしまう魅力に溢れていた。10周年という区切りに“大きな仕事”をやってのけた嵐、11年目のさらなる飛躍が大いに楽しみになってきた。

 EXILEのアーティストセールスにおける突出したファクターであるアルバム。ランキング上では2タイトルが際立ってはいるものの、あらゆる作品がコンスタントに売れたことを物語っている。1を聴いて10を知りたくなるアーティスト、それがEXILEの底知れぬ人気を示す格好の表現なのかもしれない。

2009年最も飛躍し、大きな成長を続ける東方神起

 2009年最大の伸びしろを感じさせたアーティスト、それが東方神起である。全てのアイテムをバランスよく配し、それらがいずれも熱狂的に迎え入れられた1年。グループ内でのユニットも始動しており、未知なる広がりを感じさせる第一歩となった。

 デビュー20余年の間に、B'zが積み重ねてきた偉大なる記録の数々にここではあえて言及しない。彼らの凄さは、それだけのキャリアを有しながら、いまなお年間のトータルでTOP5に入るポテンシャルだ。2人という最少のバンドが奏でる最大のロック。その力は無限である。

 公式アルバムの完全デジタル・リマスター。それは事件であり、世界中のファンを喜ばせた。解散から40年経ってなお“現役”のトップスターであり続けるザ・ビートルズ。彼らの作品群のきらめきが、少しも色あせていないことをこのランキングは物語っている。

(文:田井裕規)

▲このページのトップに戻る