オリコン2009年上半期ランキング大発表!
シングル


1位〜25位 26位〜50位
順位
タイトル/アーティスト名
期間内推定売上枚数
1
645,913
コミュ
Amazon購入
2
555,875
コミュ
Amazon購入
3
451,629
コミュ
Amazon購入
4
377,097
コミュ
Amazon購入
5
350,298
コミュ
Amazon購入
6
331,248
コミュ
Amazon購入
7
276,341
コミュ
Amazon購入
8
253,261
コミュ
Amazon購入
9
231,122
コミュ
Amazon購入
10
210,510
コミュ
Amazon購入
11
190,891
コミュ
Amazon購入
12
178,143
コミュ
Amazon購入
13
160,237
コミュ
Amazon購入
14
147,947
コミュ
Amazon購入
15
139,324
コミュ
Amazon購入
16
134,555
コミュ
Amazon購入
17
130,816
コミュ
Amazon購入
18
124,219
コミュ
Amazon購入
19
121,305
レビュー
Amazon購入
20
117,183
コミュ
Amazon購入
21
116,533
コミュ
Amazon購入
22
110,717
コミュ
Amazon購入
23
110,602
コミュ
Amazon購入
24
107,288
コミュ
Amazon購入
25
102,842
コミュ
Amazon購入
1位〜25位26位〜50位
【調査期間】 2008年12月22日付〜2009年6月15日付
(2008年12月8日〜2009年6月7日)
昨年の年間売上を早くも上回る勢い!続く、嵐の快進撃

 2008年の年間ランキングに続いて、2009年の上半期も嵐のシングルが1、2位を独占した。史上初の快挙であり、改めて彼らの作品が今という時代に愛されていることを示すものである。驚きはそれだけにとどまらない。各作品の推定累積売上数に注目。1位の「Believe/曇りのち、快晴」が645,913枚。2位の「明日の記憶/Crazy Moon〜キミ・ハ・ムテキ〜」が555,875枚。これは昨年の年間1、2位を制した自身の作品(「truth/風の向こうへ」618,229枚、「One Love」524,269枚)の数字を上回っているのである。すなわち、この時点で年間を制覇するセールスを記録しているともいえるし、極論するなら、この1年半の上位4作品はすべて嵐の楽曲ということになる。ましてや、「明日の記憶〜」は登場わずか2週分の実績でこのランク。当然ながら後半はさらなる上積みが望めるだろう。


東方神起「Share The World/ウィーアー!」 遊助「ひまわり」

■東方神起
「Share The World/ウィーアー!」

■遊助
「ひまわり」

 3位には秋元順子「愛のままで・・・」がランクイン。ロングセラーとなっているため、昨年からじっくり売れてきた印象が強いが、『NHK紅白歌合戦』出場をきっかけとした今年に入ってからの伸びは飛躍的で、2008年の年間ランキング37位(161,396枚)から一気のトップ3入りとなった。秋川雅史「千の風になって」、すぎもとまさと「吾亦紅」に続き、紅白効果で大飛躍。

 KAT-TUNは、1ヶ月のインターバルでこの春矢継ぎ早にリリースされた「RESCUE」「ONE DROP」が4位、6位と揃ってトップ10入り。2007年の年間ランキングから4半期連続でトップ10に2曲送り込んでおり、その高い安定感に改めて驚かされる。

 遊助の「ひまわり」が5位と健闘。男性ソロシンガーのデビュー曲としては破格の結果である。9位の「弱虫サンタ」と併せ、効果的なプロモーションが、彼の魅力を最大限に引き出した結果と言えよう。


東方新起、“けいおん”の活躍目立つ

 東方神起の活躍も上半期の大きなエポックと言えよう。「Share The World/ウィーアー!」が15位、「Bolero/Kiss The Baby Sky/忘れないで」が22位。いずれも週間ランキングのトップを獲得、1作ごとにセールスが拡大するなど、後半の要注目アーティストとしてチェックしておきたい。

 深夜の人気アニメ『けいおん!』(TBS系)から発信された2曲「Don't say “lazy”」「Cagayake!GIRLS」が16位、19位と揃って20位内をゲット。個性豊かなキャラクターの浸透度と比例するかのように大きな盛り上がりを見せている。

 21位にはJUJU「明日がくるなら JUJU with JAY'ED」がランク。榮倉奈々と瑛太の出演で感動を巻き起こしている映画『余命1ヶ月の花嫁』だが、その感動をさらに増幅させているのがこの主題歌だ。様々なアーティストとコラボすることで、確実にステップアップしているJUJU、そのポテンシャルは未知数だ。

 AKB48の「10年桜」が25位。自身初の10万枚突破でのトップ25入りは見事。グループの中での活性化が楽曲パワーへと結びついてきたのか、メジャーデビューから2年半、“花びら”は“大輪の花”へと着実に成長している。


(文:田井裕規)

▲このページのトップに戻る