2008年間“本”ランキングも合わせてチェック
2008年 年間総合DVDランキング
年間オリコンランキングトップページ 年間シングルランキング 年間アルバムランキング アーティストトータルセールスランキング 年間総合DVDランキング 過去のランキング
順位
タイトル/アーティスト
推定累積売上数(単位:1枚/本) DVDを語ろう
1
364,876
この作品を語る
2
335,666
この作品を語る
3
297,927
この作品を語る
4
282,041
この作品を語る
5
263,967
この作品を語る
6
243,913
この作品を語る
7
223,813
この作品を語る
8
194,872
この作品を語る
9
193,187
この作品を語る
10
192,778
この作品を語る
11
190,942
この作品を語る
12
182,726
この作品を語る
13
171,533
この作品を語る
14
168,189
この作品を語る
15
160,470
この作品を語る
16
159,046
この作品を語る
17
158,863
この作品を語る
18
148,194
この作品を語る
19
146,414
この作品を語る
20
138,666
この作品を語る
21
135,276
この作品を語る
22
135,012
この作品を語る
23
130,541
この作品を語る
24
130,253
この作品を語る
25
128,295
この作品を語る
26
126,420
この作品を語る
27
124,173
この作品を語る
28
121,190
この作品を語る
29
120,742
この作品を語る
30
119,314
この作品を語る
【集計期間】2007年12月24日付〜2008年12月15日付
世代を超えて受け継がれていくシリーズが人気

 上半期から続いた『トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション』と『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2−Disc ・スペシャル・エディション』のトップ争いに決着がついた。2008年に最大のセールスを残したDVD作品は『トランスフォーマー〜』。日本のロボット玩具に端を発したアニメーションをもとにハリウッドで実写化された、ある意味“日米合作”の娯楽大作である。スティーヴン・スピルバーグ総指揮、ドリームワークス製作という、日本の映画ファンにも親しみやすさを感じさせるクレジットもさることながら、最高のSFXを駆使した映像技術でDVD向けのコンテンツとしての訴求を促した結果のNO.1といえそうだ。

 3部作の締めくくりとなった『パイレーツ〜』も劇場での高い反響そのままの実績をおさめた。人気作といわれるものでも多くは、シリーズ化が進むにつれ、観客離れを起こしやすいものだが、これは1作ごとに評価も人気も高まっていった稀有な例だ。DVDも全作品パワーを落とすことなく高水準で推移、今後も世代を超えて受け継がれていくシリーズとなることだろう。


トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc・スペシャル・エディション

■トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション

■パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc・スペシャル・エディション

DVDでもジャニーズアーティストが席巻

音楽部門では、日本全国の都道府県で行われた関ジャニ∞のツアーを収めた『47』が最も高いセールスを残した。さらに、嵐のツアー映像を楽しめる『SUMMER TOUR 2007 FINAL Time−コトバノチカラ−』がこれに続き、NEWSの『NEWS CONCERT TOUR pacific 2007 2008−THE FIRST TOKYO DOME CONCERT−』が総合の12位、KinKi Kidsの『We are Φn' 39!! and U? KinKi Kids Live in DOME 07−08』が同22位と、ここでもジャニーズアーティストの勢いが目立つ形となった。エンターテインメントのステージとして高い完成度を誇る彼らのパフォーマンスは、ファンアイテムとしてだけの需要ではなく、音楽の楽しさを伝えるアイテムとして、ぜひ一度目にしてもらいたい。

 一方、お笑いの世界でも圧倒的人気を誇る“鉄板”シリーズがある。それが『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の罰ゲームを収めた“絶対に笑ってはいけない”シリーズと、深夜枠からゴールデンタイムに進出した、松本人志が主宰を務める“すべらない話”シリーズである。一過性のお笑いではなく、DVDで繰り返し見たくなるエンターテインメントを標榜するこの両シリーズの人気の安定感は、世をにぎわす“お笑いブーム”にとって、ひとつの到達点なのかもしれない。

 アニメと実写というジャンルこそ違うものの、同じ“TVからの派生”組として成功を収めたのが『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版』と『HERO』。TVシリーズの魅力をどこまでスクリーンに投影できたか、その答えがこの高ランクにあると考えられる。

 日本映画では、『クローズZERO スタンダード・エディション』も年間通して高順位をキープした。青春の躍動感、ワイルドな男の魅力などに目を奪われること必至の1本である。


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版 クローズZERO スタンダード・エディション

■ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版

■クローズZERO スタンダード・エディション

(文:田井裕規)

▲このページのトップに戻る


2008年間“本”ランキング大発表!!

【過去の特集】
■上半期ランキング 特集
 『2008年 上半期ランキング大発表!』(2008/06/20) ■年間ランキング 特集
 『2007年 年間ランキング大発表!』(2007/12/18)
■上半期ランキング 特集
 『2007年 上半期ランキング大発表!』(2007/06/20)

【DVD語ろうについて】
 http://www.oricon.co.jp/review/about.html

イケメンガレッジVol.2 '08期待の俳優ランキング大発表!!
美的☆WOMAN JOURNAL Vol.1 '08注目☆期待の若手女優ランキング