2008年間“本”ランキングも合わせてチェック
2008年 上半期アルバムランキング
年間オリコンランキングトップページ 年間シングルランキング 年間アルバムランキング アーティストトータルセールスランキング 年間総合DVDランキング 過去のランキング
1位〜25位 26位〜50位
順位
タイトル/アーティスト
推定累積売上数(枚) 音楽を語ろう関連記事
26
358,241
音楽を語る
インタビュー
27
351,220
音楽を語る
28
332,297
音楽を語る
インタビュー
29
316,549
音楽を語る
インタビュー
30
303,727
音楽を語る
31
297,087
音楽を語る
特集
32
292,221
音楽を語る
33
284,977
音楽を語る
特集
34
284,581
音楽を語る
35
282,402
音楽を語る
36
281,273
音楽を語る
特集
37
263,342
音楽を語る
特集
38
259,725
音楽を語る
39
257,770
音楽を語る
40
254,395
音楽を語る
特集
41
恋のうたVarious Artists
253,405
音楽を語る
42
252,520
音楽を語る
特集
43
237,987
音楽を語る
インタビュー
44
233,491
音楽を語る
45
230,944
音楽を語る
特集
46
230,653
音楽を語る
インタビュー
47
229,014
音楽を語る
特集
48
228,909
音楽を語る
インタビュー
49
225,184
音楽を語る
インタビュー
50
216,551
音楽を語る
インタビュー
1位〜25位26位〜50位
年間アルバムランキングTOP100はこちら
【集計期間】2007年12月24日付〜2008年12月15日付
着うた®のアイコンがグレーの楽曲は、ダウンロード期間が、12月12日(金)12:00〜12月26日(金)12:00までとなります。
カレントコンピが新たな支流に

徳永英明の『VOCALIST』3部作が揃ってベスト50にランクインした。原曲の良さを引き出しながらも自らのボーカルの魅力をアピールした、このシリーズの成功は、カバーというアプローチに新たなる可能性を感じさせ、これに牽引されるかのように『SINGLES BEST』も44位という記録を残した。歌と歌い手の良好な関係がもたらした“勝利”と考えてよいだろう。

 洋楽からランクインしたのはコールドプレイの『美しき生命』とマドンナの『ハード・キャンディー』の2作品。いずれの作品も言葉の壁を飛び越えて胸に迫ってくる音の美しさ、強さに打ちのめされる。とりわけ、iPod+iTunesのCMを通して響いたコールドプレイのドラマティックなサウンドはファン層を拡大させるに十分だったといえる。

 ここ数年人気の80年代、90年代のヒット曲を収録した25位『R35 Sweet J-Ballads』のようなコンピとは異なる、20位『アイのうた』、41位『恋のうた』のように、最新邦楽ヒット曲を収録したカレントコンピが新たな支流になりつつある。

 インディーズでありながら、発売する作品を続けてロングセールスを記録し続けたELLEGARDENがバンドとしての活動休止を宣言したのも2008年のこと。これを受けてリリースざれた『ELLEGARDEN BEST 1999-2008』が40位に。

 メディアを通して次々と作品が使われたのがYUIだ。実力派にしてピュア、繊細でありながら大胆な音楽スタイルは、同じ世代のカリスマ的存在として、一挙手一投足が常に注目の的となっている。力作を集め43位にランクされた『MY SHORT STORIES』をはじめ、今年リリースされたアルバムがいずれも1位を獲得するなど安定感は抜群だ。


コールドプレイの写真 FUNKY MONKEY BABYSの写真

■コールドプレイ

■FUNKY MONKEY BABYS

ジャンルに捕らわれないメッセージ性の高い曲が人気

 HIP HOP的要素を絶妙にポップスと融合させ、独自のスタイルを確立したのがFUNKEY MONKEY BABY'Sだ。2ndアルバム『ファンキーモンキーベイビーズ2』には、力強くメッセージを叩きつける曲から胸を締めつける“泣き”のナンバーまで、振り幅の広い作品が並ぶ。

 作品の底知れぬパワーを感じさせるのは、48位に『ライフアルバム』を送り込んだいきものがかりも同様。知らず知らずに耳に溶け込み、いつの間にか口ずさんでいる“風合い”の良さが、彼らのアーティストパワーとなって2008年もシーンを賑わせた。

 MINMIのベストアルバム『MINMI BEST 2002-2008』もベスト50位内の注目作。これまで知る人ぞ知る、という印象の強かった彼女だが、ポピュラリティのアップが顕著であり、時代が彼女たちのサウンドとフィットし始めたということだろう。ジャパニーズレゲエの波を動かす重要人物としての誘引力、幅広い表現力とソングライティング力はまだまだ浸透過程にあり、さらなる上昇が期待できるアーティストだ。


いきものがかりの写真 MINMIの写真

■いきものがかり

■MINMI

(文:田井裕規)

▲このページのトップに戻る


2008年間“本”ランキング大発表!!

【過去の特集】
■上半期ランキング 特集
 『2008年 上半期ランキング大発表!』(2008/06/20) ■年間ランキング 特集
 『2007年 年間ランキング大発表!』(2007/12/18)
■上半期ランキング 特集
 『2007年 上半期ランキング大発表!』(2007/06/20)

【音楽を語ろうについて】
 http://www.oricon.co.jp/review/about.html

イケメンガレッジVol.2 '08期待の俳優ランキング大発表!!
美的☆WOMAN JOURNAL Vol.1 '08注目☆期待の若手女優ランキング