ORICON STYLE

2006年07月26日
倖田來未 Special Interview
“やってやろうか”ばりで歌った「人魚姫」

――新曲はどう来るんだろうって、楽しみにしてました。
【倖田】
 ありがとうございます。前作の「恋のつぼみ」もそうだったんですけど、最近“くぅちゃん”テイストが多かったんで、下半期は“倖田來未”でいかなきゃなと。

――気合が感じられますねぇ。
【倖田】
 そうなんですよ!「恋のつぼみ」で好きになってくれた方たちをびっくりさせたいっていうのと、あと倖田來未の音楽性を見て欲しいっていうところもあって、あえて全く違う雰囲気の4曲入りマキシシングルをリリースさせてもらうことになったんです。

――ロックテイストの「人魚姫」、めちゃくちゃカッコイイですね!
【倖田】
 もともとカラオケとかでは、打ち込みよりどっちかっていうと生音の、ロックテイストのナンバーが好きで歌ってたんで、聴いた瞬間に“キターッ”って(笑)。なので、“やってやろうか”ばりで歌いましたよ。

――「I'll be there」は夏モード全開ですね。
【倖田】
 これは海辺で書いた詞なんです。SEABREEZEさんとお仕事できることが決まってたんで、リゾートな感じというか、海を感じる世界観にしたいなって。自分でも、きれいな感じに書けたなと満足してますね。

――「JUICY」はセクシーですね。
【倖田】
 今回、DVD付きには4曲全てのPVを収録しているんですけど、「JUICY」は、リハーサルで青アザができるぐらい、久し振りに激しく踊ってますね。そういう意味では、「Hot Stuff」以来のダンスビデオになったかな。「With your smile」は、日本テレビ系『PRIDE&SPIRIT 日本プロ野球2006』のイメージソングにもなっているんで、男性目線で詞を書いたこともあり、ファミリーサービスで海へ・・・・・・なんて時のお父さんにぜひ聴いてもらいたいですね (笑)。渋滞で眠いのをこらえて運転してるのに、“みんな寝てるし!”みたいな感じで、笑って聴いてもらいたいなって(笑)。

さらに下半期は猛ダッシュします!

――シングルとは思えない充実感ですね。でも、受け取る側としては新鮮な驚きがあって嬉しいんですが、作る側としては相当大変なんじゃないですか?
【倖田】
 いい音楽にはもっといい歌詞をのせて、もっともっといい声をのせなければって、ただそれだけなんですよね。それに私、切り替えが自然にできるというか。こういうインタビューでも音楽の話以外だとくぅちゃんだけど、音楽の話になった途端に倖田來未にスイッチングされてしまう。だから、“忙しくて疲れませんか?”って聞かれることも多いんですけど、好きなことをやってるってこともあって、全然大丈夫なんです。

――初写真集『MAROC』も同時発売になるし、まだまだ倖田來未は走り続ける?
【倖田】
 そうですね。さらに下半期は、ライオンの倖田來未で猛ダッシュします!

(文:鷲頭紀子)