ORICON STYLE

2005年11月02日
新生東京事変、第二期始動。

 前回の全国ツアー後に脱退したH是都M(Key)と晝海幹音(G)に代わり、浮雲(G)と伊澤一葉(Key)が加入して、第2期東京事変が始動する。その幕開けが、フジテレビ系ドラマ『大奥』主題歌のニューシングル「修羅場」。ドラマのドロドロした人間模様と、椎名林檎のボーカルとのマッチングに「なるほど」と思った人も多いはず。しかし新メンバー加入により、サウンドには新しい血が注ぎ込まれた。

「このメンバーだったら、音楽的な部分を突き詰めることが出来るんじゃないか、と」(椎名)

「音楽的なところをすごくこだわる時、“リスナーの方はそういう細かい部分は聴いていない”っていう自覚が私の中にはあって。多分ね、気取った芸術家みたいになるのはつまらないし、そうなるのが怖いんだと思うんですよ。でも、このメンバーだったら、そういう風にならずに、音楽的な部分を突き詰めることが出来るんじゃないか、と。5人揃ったリハーサルをやった時に“これか!”っていう感じがして」(椎名)
「修羅場」は、これまでの東京事変では珍しいダンサブルでファンキーな打ち込みのリズムと、伊澤氏のアレンジアイディアによる浮雲氏のスパニッシュなガットギターが新鮮味を与えている。しかも新加入とはいえ、オリジナルメンバーの持ち味に溶け込んだバランスのいいサウンドだ。そして、古風な日本語で、意外にもあっさりと女心を綴る歌詞にも注目。
「(ドラマの)エンディングで流して頂くなら、昨日のことを悔やんでいる女性像だと重いかなって思ったんですよ。だから、“あなた、泣いてくれますか”っていう部分はそう言わず、“男というのは女が泣いても知らぬふり”っていう感じで、もうちょっと置いてくる(距離を置く)語り口に直したんです」(椎名)

変化にためらうことなく、さらに進化を遂げる東京事変

 むしろ、ピアノと歌でシンプルに始まり、重厚なサウンドへ変化するカップリング「落日」の方が、東京事変の濃厚な世界を感じる。この曲は、当初来年初頭に発売される2ndアルバム『大人(アダルト)』のラストを飾る予定の曲だったという。
「事変に起こった変化と、私的な気持ちが自分の中ではリンクしていて、メンバー2人が一気にいなくなったことで、どうあるべきかっていうことや、もっとプライベートなこととかが書かれているんです。でも、アルバムの最後の曲は“これからどうして行こうか”っていう部分をポジティブに、かつ、リスナーの方にも伝わるくらい分かりやすくなければいけないと思って別の曲に替えました。「落日」は、このシングルが出る頃見ている未来、これからの在り方を書いたっていう位置づけにしました」(椎名)
  もう1つのカップリングではAORの名曲、ネッド・ドヒニーの「恋は幻」をカバーしているが、原曲を思い出せなくなるほど思いがけないアレンジが東京事変らしい。
  頼れるメンバーがいることで変化にためらうことなく、さらに進化を遂げる東京事変。それが具現化されるのが2ndアルバムであることは間違いない。まずは、そのプロローグである「修羅場」に触れることは必須だ。

(文:井桁 学)

COMMENT&PV
PLAY MOVIE

1. コメント

PLAY

2. PV「修羅場」

PLAY

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

  RELEASE

修羅場
東京事変
2005/11/02[シングル]
\1,200(税込)
東芝EMI
TOCT-4936
CDを購入する

フジテレビ系全国ネット ドラマ『大奥〜華の乱〜』主題歌

 

【楽曲情報】
01. 修羅場
02. 恋は幻
03. 落日

LIVE

【東京事変 DOMESTIC! Virgin LINE】

2006年2月19日(日) 日本武道館
OPEN 18:00 / START 19:00
お問い合せ:SOGO 03-3405-9999

2006年2月21日(火) 大阪城ホール
OPEN 18:00 / START 19:00
お問い合せ:夢番地大阪 06-6341-3525

詳しくはオフィシャルサイトまで

  INFORMATION

セカンドアルバム『大人(アダルト)』2006年1月25日発売決定!

一部メンバー交代、ニューラインナップによる第二期東京事変の集大成ともいえるニューアルバムの発売が決定。「修羅場」のアルバムバージョンを含む全11曲収録。
【初回盤 HOMME仕様】\3,800 TOCT-25884
【通常盤 FEMME仕様】\3,059 TOCT-25885

PROFILE

2003年結成。当初のメンバーは、刄田綴色(ハタトシキ/太鼓)、椎名林檎(シイナリンゴ/声弦)、亀田誠治(カメダセイジ/四弦)、H是都M(エイチ ゼット エム/鍵盤)、晝海幹音(ヒラマミキオ/六弦)の5名。同年の椎名林檎実演ツアー『雙六エクスタシー』で初お披露目。
2004年5月、本格的活動を表明。
2004年9月8日、シングル「群青日和」でデビューし初登場2位を獲得。続いてリリースされた2ndシングル「遭難」、1stアルバム『教育』も初登場2位を獲得。
2004年12月8日、DVD『tokyo incidents vol.1』をリリース。初登場5位を獲得。
2005年1月17日〜、全国ツアー開催。
2005年7月、晝海幹音とH是都Mが脱退。
2005年7月13日にDVD『Dynamite in』を、8月17日にDVD『Dynamite out』をリリース。共に初登場2位を獲得。
2005年9月、新メンバーが発表され、亀田誠治(B)、浮雲(G)、椎名林檎(Vo)、伊澤一葉(key)、刄田綴色(Dr)の5名で第2期東京事変が始動。
2005年11月2日、ニューシングル「修羅場」リリース。
オフィシャルサイト