ORICON STYLE

Check 2011年01月28日
 5人の男たちとの恋愛を描いたBeeTVドラマ『パーティーは終わった』で、主演を務める仲里依紗。ちょっと大人のラブストーリーです。行定勲監督の映像美にも注目!

主人公の女の子と似てる部分もある……

仲里依紗
仲里依紗

── 里依紗ちゃんが現実にありそうだなと思うストーリーはどれですか?
【仲】 エピソード2の『捨てたい』ですかね。面倒くさいタイプの男の人はいっぱいいると思うので。このエピソードの中で、ムサシ(永山絢斗)の顔を足で踏むところは一番印象的だったし、2度とできないだろうなっていう経験をさせてもらいました。
── 普段の生活ではまず、ないですよね〜。
【仲】 それができました(笑)。
── それは快感だったんですか?
【仲】 いやぁ、こういう男の人っているんだな〜と思いました。踏んでもまだ“好きだ”とか言ってるんで。
── (笑)!
【仲】 男たち5人それぞれのキャラも濃いですよね。『染められたい』は、好きな女性しか描けないストイックな男性で、『捨てたい』は泣き虫の“ムシ”(笑)ですし、『殺されたい』では、いきなりヒッチハイクしてきた女の子を乗せてしまう謎の男ですし、『抱きしめたい』は、拾ってきた男性が超イケメンでまるでペットのようですから!『後悔したい?』なんてなんと、ゾンビ!?ですから(笑)。
── (笑)妄想ならではですよね。
【仲】 そう、妄想だからなんでもできちゃうっていうのが、このドラマのおもしろいところだと思います。

今年の目標は、友だちを増やすこと

仲里依紗
仲里依紗

── ゾンビといえば、里依紗ちゃんってホラー好きでしたよね?
【仲】 大好きです。楽しかったです(笑)。いっぱいいろんなゾンビがいて、最初は超怖かったんですけどね。ゾンビダンスをするところがあるんですけれど、そこは必見ですよ。霜が下りている富士山の麓でなま足で踊ってたんです。
── ええーっ。
【仲】 最近オススメグッズの湯たんぽに感謝です〜。
── 共演者の方とのエピソードはありますか?
【仲】 各エピソードの撮影期間は4日くらいだったし、人見知りなのでぜんぜんしゃべれないまま終了してしまいました。
── 終了しちゃいましたか(笑)!
【仲】 (笑)でも成宮さんとは以前共演したドラマ『ヤンキー君とメガネちゃん』(TBS系)で、すごく仲よくさせていただいていて、それ以来だったので「よぉ!」みたいな感じでした。今回は、恋人役で恥ずかしい部分もありましたが。
── では最後に、2011年の目標を!
【仲】 免許を取る。…でもきっと取れないので、今年は友だちを増やそう!
── 人見知りだけど、大丈夫?
【仲】 ……(笑)。ケータイには家族やマネージャーさんとか、身内ばかりの登録なので、友達を増やせるようにがんばります。

文:三沢千晶 / 写真:鈴木健太)

【STORY】
 マンガ家の十朱(仲里依紗)は、彼氏はいない。仕事が忙しく、恋をする時間がないのだ。マンガのネタも過去の恋愛ばかり。もんもんとした日々を送る十朱は、友人に誘われて、着飾ってもらいパーティーに出かける。パーティー慣れした友人は素早くいなくなり、会場にひとり取り残される十朱。彼女は部屋の隅で煙草をふかしながら、華やかな男や女たちを佇んで見ている。そんな十朱の前を美しい男たちが次々と通り過ぎてゆく。男と目が合う十朱。彼女は高鳴る胸の鼓動を抑えながら、目を閉じて彼らとの恋愛の想像に耽っていく。目を開けると、そこには…。。

配信日:2月1日より、毎週月・木曜日更新(各話約5分/全31話)
演出:行定勲
脚本:伊藤ちひろ
出演:成宮寛貴永山絢斗高岡蒼甫林遣都小出恵介仲里依紗
主題歌:MONKEY MAJIK「夢の世界」
企画:セカンドサイト
制作:パイプライン
製作・著作:BeeTV

【アクセス方法】
iチャネル⇒BeeTV
iメニュー⇒動画⇒BeeTV
月額315円(税込)で全番組見放題
運営:エイベックス通信放送

OFFICIAL SITE

仲 里依紗(なか りいさ)

生年月日:1989年10月18日
出 身 地:長崎県
趣  味:DJ
ティーン誌のモデルとして活躍したのち、女優として活動を開始。
主なドラマ出演作に、『ハチワンダイバー』(フジテレビ系)、『任侠ヘルパー』(同系)、『ヤンキー君とメガネちゃん』(TBS系)、『日本人の知らない日本語』(読売テレビ/日本テレビ系)など。
映画では、2006年に劇場版アニメ『時をかける少女』のヒロインの声を務め、高い評価を受け話題に。その他、『純喫茶磯辺』(08年)、『パンドラの匣』(09年)、『時をかける少女』(10年)、『ゼブラーマン〜ゼブラシティの逆襲〜』(10年)などがある。
『第23回日刊スポーツ映画大賞』新人賞、『第34回日本アカデミー賞』新人俳優賞、『第25回高崎映画祭』最優秀主演女優賞を受賞。

▲このページの最初に戻る