• ホーム
  • 映画
  • 竹内涼真、勝負の年への想いを語る新年インタビュー「課題は自分にしかできない“男性像”作り」

竹内涼真、勝負の年への想いを語る新年インタビュー「課題は自分にしかできない“男性像”作り」

誰もが納得の『2017年ブレイク俳優ランキング』1位。昨年1年間、その呼び名にふさわしい輝きを放ちながら、一躍若手俳優トップの座に躍り出た竹内涼真。そんなブレイク後の勝負の年となる今年、どんな新たな顔を見せてくれるのか。映画初主演に挑む竹内のクランクイン直前の熱い想いに迫った。幅広い層から支持を受ける人気の理由に迫る、竹内涼真2018年初インタビュー。

<動画インタビュー> メンタルを鍛えられた2017年、今年の目標は?

“少女漫画原作”にとらわれないことが大事

──竹内さんの今年の活動への関心が高まっているなか、今年公開の『センセイ君主』への映画初主演が発表されました。
竹内涼真いろいろと初めて挑戦させていただくことが多い作品なので、まずはそれが楽しみです。教師という職業も初めてだし、冷徹でひねくれ者というキャラクターも今まで演じたことがないタイプです。とにかく今は演技の幅を広げたい、これまで自分が見せたことのない人物像を演じたいという思いが強いので、そういったチャレンジができる作品に出合えたことが純粋にうれしいです。

──少女漫画原作の実写映画化は近年のトレンドのひとつで、同世代の俳優も数多く出演しているジャンルです。
竹内涼真ジャンル的に、観客は若い年代の方々が多いと思うんですけど、映画として公開する以上はやっぱりできるだけたくさんの方に観てもらいたいです。そのためには、キャスト、スタッフ全員が“少女漫画原作”という枠にとらわれず、新しいものを作っていかなければならない。そう意識することが大事だと思うんです。僕も同世代が活躍している少女漫画原作の映画はたくさん観ていますけど、やるからには自分にしかできない少女漫画の男性像を作り上げるのが今回の課題ですね。
──主演=座長というポジションですが、現場ではどのような存在でいたいと思いますか?
竹内涼真主演にもいろいろなスタイルの方がいると思うんですけど、僕はコミュニケーションのきっかけを発信したり、コンビネーションを繋いだりする立場でいたいです。作品作りというのはチームプレイであって、一番大事なのはスタッフさんとキャストの皆さんとの信頼関係だと思うので、現場の距離が少しでも早く縮まるように、自分から何かしら働きかけることができたらいいなと思っています。

ネガティブな声に敏感でいることも大事

──映画初主演への緊張はありますか?
竹内涼真それが僕、緊張で硬くなるということがあまりないんですよ。昨年も仕事でガチガチになった記憶があるのは、サッカー日本代表ハイチ戦の中継で副音声に初挑戦したときと、『東京コミコン2017』の親善大使として(アメコミ巨匠の)スタン・リーさんとお会いしたときでした。

──超多忙であったであろう昨年のたくさんの活躍のなかでも?
竹内涼真はい。良くも悪くも性格的なものなのかもしれませんが……。スタン・リーさんは、アメコミファンとしてやっぱり緊張しました。ずっと言い続けていることですけど、僕がこの世界に入ったのは「マーベル映画に出る」という目標を持ったからなので。その思いがより強くなったという意味でも貴重な仕事であり、僕にとっては本当に特別なことでした。
──昨年は『ブレイク俳優1位』の呼び名にふさわしい大活躍を見せてくれましたが、そのなかでご自身の成長を感じられた部分もありますか?
竹内涼真メンタル面は鍛えられたかもしれないですね。よりポジティブになったと言ったほうがいいかもしれません。テレビに出るということは、計り知れない数の人たちが僕を観ているわけで、そのなかにはいい評価もあれば、悪い評価もある。僕は期待されるとよりがんばれるタイプなので、いい評価はもちろんすごくうれしいんですけど、この世界で仕事をしていくうえで、悪い評価に敏感でいるのってすごく大事だと思うんです。それをネガティブに捉えるんじゃなくて、「ここを改善すればもっとよくなるんだ」と気づかせてもらえたと思えば、ポジティブにもなれるじゃないですか。何より俳優は「観たい」と思ってもらえなければ存在意義がない職業だと思うので、世の中の声を無視して自分の好きなようにやるだけではダメだと思うんです。

常に次を期待される俳優でいたい

──自分について書かれた記事は読んだりしますか?
竹内涼真時間がないのもありますけど、あまり読まなくなりましたね。昨年は、人から「こんな記事が出てた」と言われることは多かったですけど。でも自分の出演作についての記事や、オンエア後の反応はすごく意識して見ています。

──昨年の出演作は軒並み好評で、竹内さんの演じた魅力的な役どころも作品の評価に繋がっていました。
竹内涼真ちょっと驚いたこともありました。たとえば『過保護のカホコ』(日本テレビ系)の麦野初なんかも、カッコイイと思ってもらえるような役だとは予想もしていなかったので。世の中の声というのは、自分の想像を超えてくるものなんだなと感じました。よく芝居は正解がないって言いますけど、実際、演じている側からするとその通りなんです。でも強いて言えば、正解は観てくれた方々の反応なのかなと。だからこそ、変に「こう観てもらいたい」とか意識しないで、その現場その現場で一番いい芝居をしていくことが重要なのかなと思っています。
──作品を重ねていくなかで、自分の芝居スタイルみたいなものは見えてきましたか?
竹内涼真いえ、逆にそういうものを決めつけたくなくて。むしろ「次はどんな芝居を見せてくれるんだろう?」と常に期待される俳優でいたいです。でないと世の中に飽きられてしまうと思うし、とにかく「何をやっても竹内涼真だよね」と言われないようにしたいです。昨年は多くのベテラン俳優の皆さんと共演させていただきましたが、どこからでもかかってこい、みたいな芝居の選択肢の広い俳優さんってやっぱりかっこいいし、自分もそうなりたいと思いました。

──昨年の活躍を受けて、今年はある意味、勝負の年とも言えますが、1年の目標は立てていますか?
竹内涼真昨年の目標が「自分の存在を知ってもらう」ことだったんですけど、街で声をかけられるときに「よくテレビで観るんだけど、名前が出てこなくて……」と言われることはまだまだあるんです。だから今年は、昨年よりさらにより多くの方に顔と名前を完璧に一致して覚えてもらうことがひとつ。それから、昨年僕を知っていただいた方たちの期待を超える芝居を見せたいです。「どれが本当の竹内涼真なんだろう?」くらいに思われたら、俳優としてこれ以上ない評価だと思います。
(文:児玉澄子/写真:逢坂聡)

センセイ君主

 告白7連敗中の佐丸あゆは(16歳)は、恋に恋する元気娘。「彼氏が欲しい」しか頭にないあゆはは、新任の超横暴で冷徹なヒネクレ者の数学教師・弘光由貴(26歳)に「“イチャイチャしてくれる人募集”の張り紙でも背中に貼ってれば?」と冷たくバカにされる。
 ところが、弘光が悪気なく“アドバイス”をしてくれているのだと気付いたあゆはは、その途端に弘光のことが気になり始める。あゆはは必死に自分の恋心を抑えようとするが、雨の中、車で家まで送ってくれたり、個別で勉強を教えてくれたりする先生の天然タラシっぷりに陥落。完全に弘光を好きになってしまう。
 あゆはの猛アタックと、弘光の冷たい防御。そんなふたりの恋愛バトルに、あゆはに想いを寄せるあゆはの幼馴染で同級生の澤田虎竹(16)と、音楽教師として現れた弘光に思いを寄せる弘光の幼馴染の柴門秋香(27)も参戦!果たしてあゆはと弘光の“秘密の恋”はどうなってしまうのか?

原作:幸田もも子『センセイ君主』
監督:月川翔
出演:竹内涼真 浜辺美波
2018年全国東宝系公開
【公式サイト】(外部サイト)
(C)2018 「センセイ君主」製作委員会(C)幸田もも子/集英社

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年5月14日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年5月14日号

<COVER STORY>
角松敏生(アーティスト)
アーティスト発の音楽を中心とした
メディアミックスには可能性がある

<SPECIAL ISSUE>
加速するアリーナ計画と音楽業界待望論
「ORICON LIVE STUDY with ACPC Vol.11」

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!