• ホーム
  • 芸能
  • 永野芽郁、18歳迎え女優業に意気込み「新しい出会いを大切に、いろいろな役と向き合っていきたい」

永野芽郁、18歳迎え女優業に意気込み「新しい出会いを大切に、いろいろな役と向き合っていきたい」

 今年7月期に放送された、窪田正孝主演のドラマ『僕たちがやりました』(関西テレビ/フジテレビ系)で、ヒロイン・蓮子役を好演した永野芽郁が、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「第9回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞」で「新人賞」を受賞、女優として初めて賞を獲得した。話題のドラマや映画、CM等に立て続けに出演、また来春の連続テレビ小説『半分、青い。』ではヒロインを務めるなど、18歳を迎えますます飛躍的な成長を見せる永野に、今作での役作りについて、また今後の女優業への意気込みを聞いた。

ヒロイン・蓮子は、高校の友だちに“取材”をして役作り

――「第9回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」新人賞の受賞おめでとうございます。今の率直なお気持ちをお聞かせください。
永野芽郁 これまであまり演じてこなかったような役どころに挑戦した『僕たちがやりました』という作品で、女優として初めて賞をいただくことができ、とても嬉しいです。ありがとうございます!
――これまで、「少女漫画」原作のドラマや映画への出演はありましたが、「少年漫画」原作というのは今回が初めてでしたね。
永野 爆発事故をきっかけに、さまざまな騒動が巻き起こって…という、原作を初めて読んだ時は、「私、こんなところまで演じられるかな?」と、不安がとても大きかったんですが、現実離れしたストーリーの中で、ごく普通の日常も描かれていて、私はそこをしっかり演じたいなと思いました。

――今回、永野さんが演じた蓮子という役は、“騒動を起こす”窪田正孝さん演じる主人公・トビオの幼なじみで、その彼を一途に想い続ける女子高生。ティーンながらも凛としていて、オトナの雰囲気を纏う女の子でしたね。演じるにあたって意識したことはありますか?
永野 蓮子は同級生の男の子からしたら、ちょっと遠い存在に思えるようなオトナっぽさを持っているんですけど、その一方でトビオのことがものすごく大好きという可愛らしさもあって。あとは、まわりのことを見るのが得意な女の子だと思ったので、そういう蓮子の細かい特徴や気持ちを意識して演じていました。

――役はどのように作り込んでいったんですか?
永野 私の高校のお友だちで、実際に幼なじみ同士で恋をしている子がいたので、「どんな感じ?」って聞いたり、現場で窪田さんとお話しをしたり。窪田さんの空気感や、現場の皆さんが作り出してくださる空気感を大事にしながら役に入っていきました。確かに難しいところはたくさんあったんですけど、この役に出会えて、演じることができて本当に良かったなと思います。

――演じていて、蓮子と重なる部分や共感するところはありましたか?
永野 共感する部分は、好きな人の前では少しツンツンしちゃうところは蓮子と一緒だなと思いました(笑)

さらに頑張っていかなければいかない、と改めて感じた撮影現場

――特に思い出深いトビオとのシーンは?
永野 すごく楽しい現場だったのですべて印象深いですが、トビオとの最後のデートで水族館に行ったんですけど、本当にこれが最後なんだなって、切ない気持ちにもなったけど、(2人で行くのが)水族館で良かったなと感じました。撮影は朝早かったんですけど、実際にペンギンが見られて、ペンギンのぬいぐるみもいただいて。その子が今でも癒やしになっています。
――今回は、第1話で初のアクションといいますか、飛び蹴りに挑戦されましたね。
永野 指導をしていただいてクリティカルヒットに挑戦したんですけど、なかなか納得のいく蹴りができなくて、「もう1回、もう1回」って、何回もやり続けました。その撮影はクランクインの日だったんですが、OKが出た時は達成感から思わず涙が出てしまいました。

――この作品に参加したことで得たもの、学んだことにはどんなことがありますか?
永野 本当に楽しい現場だったのですが、そのなかで先輩たちやスタッフさんの立ち居振る舞いから学ぶことがとてもたくさんあって。しかも、「教えるぞ」っていう雰囲気ではなく、そっと手を差し伸べてくださる方しかいなかったので、甘えてしまっている部分はあったんですけど。自分もこういう風に頑張っていかなくてはいけないな、と今回改めて感じました。
――永野さんは、先日9月24日に誕生日を迎え18歳になられました。最近は話題のドラマや映画、CM出演が相次いでいますが、そんななか、この秋からはヒロインを演じる18年前期の連続テレビ小説『半分、青い。』の撮影に入っていかれます。女優としての今後の意気込みをお願いします。
永野 18歳になり、今まで以上に現場で過ごせる時間が増えていくと思うので、たくさんの新しい出会いを大切に。また、この賞を自信に、これからもいろいろな役と向き合って、女優として頑張っていきたいなと思います。よろしくお願いします!

(撮影:草刈雅之)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2017年10月30日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2017年10月30日号

<COVER STORY>
松本隆氏(作詞家/音楽プロデューサー)
「良いものさえ作れば、媒体は何であっても残っていく」

<SPECIAL ISSUE>
17年7月期の“質の高いドラマ”を表彰
第9回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」発表

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!