• ホーム
  • 音楽
  • 【upcoming】11/6付週間CDランキング、『コンフィデンス』編集部ピックアップ6作

【upcoming】11/6付週間CDランキング、『コンフィデンス』編集部ピックアップ6作

 最新11/6付オリコン週間ランキングから、TOP20位圏内には入らなかったものの、CDセールスやデジタル配信で注目すべきチャートアクションを見せた作品を、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』編集部のメンバー6名が各目線でピックアップ。これから注目すべきアーティスト、話題作の動向を紹介する。

SOIL&“PIMP”SESSIONS feat.Yojiro Noda「ユメマカセ」/シングル78位

アナログ盤発売で再浮上、熱い音楽ファンの心を掴む
 SOIL&“ PIMP”SESSIONS feat.Yojiro Noda のシングル「ユメマカセ」が、78位にランクインした。本作は、熱い音楽ファンの支持を得ており、アナログ盤が発売されたことで再浮上した。01年に結成されたSOIL&“ PIMP”SESSIONS は、海外フェスや海外公演を行うなど、その活動は多岐にわたる。同作は、TBS系ドラマ『ハロー張りネズミ』主題歌でRADWIMPSの野田洋次郎をフィーチャリングに迎えており、ドラマの劇伴も担当している。アナログ盤の発売で、さらなる広がりを見せそうだ。

RIRIKO「その未来へ」/シングル88位

魅惑的な声質と音楽性、現役音大生シンガー・ソングライター
 東京音楽大学に通う現役女子大生シンガー・ソングライター、RIRIKOのメジャーデビューシングル「その未来へ」が88位にランクインした。自ら作詞、作曲を手がけた同曲は、メロウなメロディラインと伸びやかで透き通る声音のボーカルが重なりあって、リスナーを楽曲の世界観に引き込む力強さを持つ。公式サイトでは、音楽性豊かなオリジナルの数々のほか、「Let It Go」や「Another day of sun」のアコギ弾き語りも披露。フォトジェニックなビジュアルも含め、どこか惹き寄せられるものを持っている。

rionos「ハシタイロ」/シングル100位

高い表現力で聴かせる女性クリエイター
 女性シンガー・ソングライター、rionos のデビューシングル「ハシタイロ」が100位に初登場した。ピアノやストリングスの美しい旋律と、民族音楽を織り交ぜたようなサウンドが心地よく、歌詞は繊細さと力強さを感じさせる物語で、ソングライティングのセンスは抜群。少しだけハスキーな歌声も独特で印象に残る。rionos はこれまで、ミュージカルや映画・ドラマ等のBGMを手がけており、若手クリエイターとして注目されてきた。本作は彼女の高い表現力と感性が伝わる楽曲で、他作品への興味がそそられる。

CHAI『PINK』/アルバム41位

グラミー賞受賞&世界3位を目標にいよいよシーンに登場
 双子のマナとカナに、最強グルーヴのリズム隊ユナとユウキを加えた4人によって結成されたガールズバンド、CHAI の1stフルアルバム『PINK』が41位に初登場した。“グラミー賞受賞”と“世界3位”を目標に掲げ、全米ツアーも敢行するなど、早くもその強烈な個性を発揮している。多彩な楽曲群もさることながら、その独特な佇まいから、飄々とオーディエンスの意表を突いていくライブこそが魅力。バンドの一貫した主張でもある“NEO かわいい”は、歌詞以上に、ライブパフォーマンスから伝わってくる。こんな“かわいい”こそが今、待ち望まれている。

THE 夏の魔物『THE 夏の魔物』/アルバム51位

ヒャダインら大物が楽曲提供、異色の男女混合バンド
 THE 夏の魔物のメジャー1stアルバムが51位に初登場した。野外ロックフェス『夏の魔物』を主催する成田大致を中心に、今年1月に結成された男女混合の5人組。骨太なサウンドでありながら、“ペンライトが振れるバンド”というコピーの通り、楽曲・パフォーマンスは、ポップさやコミカルさも持ち併せており、その異色さから、日テレ系『バズリズム』でも紹介されるなど、注目度を上げている。今作には、森雪之丞や大槻ケンヂ、YO-KING、前山田健一など、ベテラン勢の提供楽曲も多数収録されており、まさに魔物感あふれる1枚となっている。

VIDEOTAPEMUSIC『ON THE AIR』/アルバム58位

ノスタルジックなサウンドがその場をパラダイスにする
 2年前の発売にも関わらず、前作『世界各国の夜』が、東京のCDショップを中心に未だ売れ続けているVIDEOTAPEMUSICが、3rdアルバムをリリース。前作の初動を大きく上回る1254枚を売り上げ、58位にランクインした。古いVHSの映像やサウンドをサンプリングして生み出される楽曲は、ひと言で表現するなら“ノスタルジック”。しかし、ゆるさのなかにもしっかり漂っているダンサブルなビートは、一度聴いたら虜になること間違いなし。この作品を聴きながら街中を歩きたい。きっとどこにいても、そこがパラダイスになる。そんな1枚だ。
(『コンフィデンス』 17年11月6日号掲載)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2017年10月30日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2017年10月30日号

<COVER STORY>
松本隆氏(作詞家/音楽プロデューサー)
「良いものさえ作れば、媒体は何であっても残っていく」

<SPECIAL ISSUE>
17年7月期の“質の高いドラマ”を表彰
第9回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」発表

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!