• ホーム
  • 映画
  • TOHO animation『君の名は。』に続く第2弾『打ち上げ花火』、ヒットさせるための多方面の戦略

TOHO animation『君の名は。』に続く第2弾『打ち上げ花火』、ヒットさせるための多方面の戦略

東宝のアニメーションレーベルとして2012年に誕生したTOHO animation。手がける作品の公開規模は当初20〜100館ほどだったが、オリジナル作品で初の300館規模への挑戦となった『君の名は。』で、興収250億円という歴史的な大ヒットを生み出した。そして今年、その第2弾となる『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が8月18日より封切られる。前作に続く大ヒットへの期待が高まるなか、TOHO animationが掲げる戦略について、仕掛け人の古澤佳寛プロデューサーに聞いた。

大衆性が必要。でも作家性にこだわってほしい

「東宝で自社制作したオリジナルのアニメ映画を、300館規模の配給で大ヒットさせる」という目的のもと、古澤プロデューサーが中心になって設立したTOHO animation。そのスタートで、「一緒に仕事をしたい」監督を挙げていくなかに『君の名は。』の新海誠監督、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の新房昭之総監督の名前があった。

「公開規模が大きくなれば、当然それだけのヒットをさせなければいけないので、作家性だけではなく、大衆性も求められます。どちらを主軸にするかというのは、監督のキャリアにおけるタイミングですね。新海監督の作品を絶対にヒットさせようというつもりでいろいろと提案しましたが、たとえば『秒速5センチメートル』のすぐあとだったら、大衆性に寄せたスタイルにシフトするのは新海監督も受け入れられなかったかもしれません。ヒットさせるには大衆性が必要ですが、プロデューサーとしては作家性にもこだわってほしい。監督がこちら側の言いなりになるのは違うと思います。そのバランス感覚という意味では、新海監督は極めてプロデューサー的な資質を持った方です」
 結果的に『君の名は。』は歴史的なヒットを記録。そこから得た知見は、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の戦略に活かされている。そのひとつが公開時期。『君の名は。』は8月末公開。いわゆる東宝の夏の主力アニメーションは、セオリーとして7月公開が基本だ。ジブリ作品や細田守監督作品も7月に公開されている。

「『君の名は。』も7月公開という考えもあったのですが、東宝としては力を入れている7月29日公開の『シン・ゴジラ』もあり、完全オリジナル作品ということで、数字的な読みの部分での怖さがありました。もちろんプロデュースチームとしては8月26日公開だと、夏休みが5日間しかないという思いもありました。でも、フタを開ければすごい結果になりました。7月のヒット映画の上映前の予告編に8月公開の作品を入れることで、シャワー効果みたいなものが期待できるという実績も得られました」

記録的大ヒットのあと、大規模公開2作目の目標数値

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』では、7月公開の『メアリと魔女の花』や『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』という東宝の王道アニメーションに予告編を入れ、アニメ作品の予告にアニメを入れることで宣伝の相乗効果を期待。さらに、『君の名は。』の大ヒットに習うメディアミックスにも力を入れた。

「『君の名は。』のときは、カドフェス(角川文庫の夏フェア)で新海監督の小説をメインにしていただきました。『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』でも、脚本の大根仁監督の書き下ろし映画原作小説、原作の岩井俊二さんのスピンオフ小説を発刊していますが、書店の売り場でかなりの露出をしていただいています。こうしたスタイルは、夏の公開作品にはかなり効果的なんです」
 こうした多方面からの戦略によって、ヒットさせるための態勢を整えていった。古澤プロデューサーは「確かに実績を積むことによって宣伝のテクニックは洗練されるかもしれませんが、企画はそれぞれオリジナリティを持たなくてはいけません」と断言する。

 今作の魅力については「これまでに(アニメーションスタジオ)シャフトが培ってきた作風の流れを汲みつつ、大衆性も備えたメジャーな作品に仕上がっています。岩井さんの原作では登場人物は小学生だったのですが、今作では中学生にしました。そのぶん青春の瑞々しさが映像のなかに出ていますし、新房監督のフィルムには、シーンごとの風景や体のパーツが非常に個性的に焼き付いています」と力強く語る古澤プロデューサー。
 記録的な大ヒット後の大規模公開2作目となる今作の目標数値をズバリ聞いてみると「企画のスタート当初は15億円ぐらいのイメージだったのですが、『君の名は。』の大ヒット以降、社内での期待値が上がっているので……20億円ぐらいは」とひかえめに答えた。
(文:磯部正和)

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

 繰り返す、夏のある一日。夏休み、とある海辺の町。花火大会をまえに、「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。そんななか、典道が想いを寄せるなずなは母親の再婚が決まり転校することになった。
「かけおち、しよ」
 なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。それを見ているだけで助けられなかった典道。
「もしも、あのとき俺が…」
 なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつける。すると、いつのまにか、連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた…。何度も繰り返される一日の果てに、なずなと典道がたどり着く運命は?

原作:岩井俊二
脚本:大根仁
総監督:新房昭之
声の出演:広瀬すず 菅田将暉 宮野真守 / 松たか子
2017年8月18日公開 【公式サイト】(外部サイト)
(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2017年9月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2017年9月11日号

<COVER STORY>
川淵三郎氏(日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)
「アリーナ文化の創出」を提唱

<SPECIAL ISSUE>
「ORICON LIVE STUDYwith ACPC」Vol.3
プロダクション目線の“観客文化育成”とおもてなし

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!