• ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン2017年上半期ランキング】AKB48、SMAP、嵐が続々と記録を樹立!

【オリコン2017年上半期ランキング】AKB48、SMAP、嵐が続々と記録を樹立!

 2017年の音楽&映像の上半ランキングが確定した。シングル部門では、AKB48が7年連続1、2位独占と前人未到の記録を達成するなか、ライバルグループの乃木坂46と欅坂46がその後に続き、女性アイドルが席巻。一方のアルバム部門では、昨年末をもって解散したSMAPが初の首位、back numberやSuchmosなどの若手バンドの飛躍も目立った。映像部門では、嵐が史上初の上半期映像全部門2度目の制覇をした。2017年上半期のエンタメシーンを賑わした作品を振り返る。
【シングル】 1位〜25位26位〜50位
【アルバム】 1位〜25位26位〜50位
【DVD】 1位〜25位26位〜50位
【ミュージックDVD】 1位〜25位26位〜50位
【Blu-ray】 1位〜25位26位〜50位
【ミュージックBlu-ray】 1位〜20位
【アニメシングル】 1位〜20位
【アニメアルバム】 1位〜20位
【デジタルアルバム】 1位〜20位

AKB48が前人未到の記録達成! “ライバルグループ”乃木坂46&欅坂46も大躍進

 上半期のシングルでは前年同期同様、1位、2位を独占したAKB48の「願いごとの持ち腐れ」(135.1万枚※集計期間内売上:以下同)と「シュートサイン」(108.0万枚)がそれぞれミリオンを突破した。AKB48の上半期シングル1位獲得は、2011年5月発売の「Everyday、カチューシャ」から7年連続。中森明菜(1986、87年)、宇多田ヒカル(2001、2002年)、嵐(2009、2010年)の3組による2年連続を上回り、歴代単独1位となった連続1位獲得年数記録を更新。また、上半期シングル1位・2位独占も同じく「Everyday〜」と「桜の木になろう」(2011年2月発売)で記録した2011年から7年連続となり、歴代最多記録を更新している。さらに、2011年より続く上半期シングルミリオンセールス達成年数記録についても、7年連続へと記録を更新し、歴代単独1位の記録を今年も伸ばしている。

 これに続き、ライバルグループに位置付けられている乃木坂46の「インフルエンサー」が、自己最高累積売上の99.8万枚(集計期間中)を売り上げ3位を獲得。また同作は、6/26付週間シングルランキングで発売から13週目にして100.1万枚を売り上げ自身初のミリオンセールスとなった。さらに乃木坂46は、上半期本ランキングの写真集部門(※フォトブック含む)でメンバーのソロ写真集が上位TOP7を独占。2012年2月のデビュー以来6年目、46人体制になったタイミングで、エンタメシーンに新たな潮流を生んだ。

 一方、上半期に大きく飛躍したのは、同じ坂道シリーズで妹分・欅坂46。彼女たちの活躍は目覚ましい。昨年末の『第67回NHK紅白歌合戦』では、デビューから8ヶ月で出場し、話題となった。その欅坂46は、4thシングル「不協和音」が、74.3万枚を売り上げ4位にランクインし、デビュー作「サイレントマジョリティ」(2016年4月発売)以降、4作すべてをTOP100に送り込んだ。なお、上半期集計期間内(26週間)において、週間100位内の登場週数が最も多かったシングルは、欅坂46の「サイレントマジョリティー」と「世界には愛しかない」(2016年8月発売)、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)主題歌で話題を集めた星野源の「恋」(2016年10月発売/上半期累積売上10.9万枚/24位)の3作品が、期間内26週連続TOP100入り最多ランクインを記録した。

 AKB48グループでは、NMB48とHKT48がTOP10入りし、新潟を拠点とするNGT48のデビュー作「青春時計」(2017年4月12日発売)が、18.9万枚を売り上げ14位にランクインした。

 そのほか、嵐の51thシングル「I’ll be there」が期間内売上43.4万枚で5位に入り、同グループが歴代1位記録を誇る上半期シングル連続TOP10入り年数を11年連続に更新した。亀梨和也(KAT-TUN)と山下智久が約12年ぶりに黄金タッグを復活させた“亀と山P”名義の「背中越しのチャンス」が、20.5万枚を売り上げ13位を獲得した。同作は、2人が出演する日本テレビ系連続ドラマ『ボク、運命の人です。』の主題歌で、エンディングでは共演の木村文乃と3人で“ボク運ダンス”を披露し、注目を集めた。 このほかシングルでは、ユニバーサルに移籍した韓国出身の防弾少年団(25.8万枚)が11位に、『アイドルマスター』関連作品がTOP100内に10作品と猛威を振るった。

SMAP上半期アルバム部門で初の1位! 新世代の台頭で活気づくバンドシーン

 昨年末をもって解散したSMAPの25周年記念ベストアルバム『SMAP 25 YEARS』が、116.0万枚を売り上げアルバム部門で首位を獲得した。過去にシングル部門では、1998年度に「夜空ノムコウ」が首位を獲得しているが、アルバム部門では、2001年度に160.5万枚を売り上げた『Smap Vest』の6位に続き、初の首位獲得となった。また、解散・引退および活動休止状態にあるアーティストによる上半期アルバム1位獲得は、獲得当時に活動休止状態にあったサイモン&ガーファンクル(1971年度『明日に架ける橋』)に次いで2組目で、国内アーティストとしては初めてのこと。さらにSMAPは、音楽ソフトの期間内総売上金額が86.7億円となりアーティストトータルセールス部門で初の1位を獲得した。

 上半期のアルバム部門は、バンドの活躍も目覚ましく、TOP10に3組が初ランクインした。back numberの初のベストアルバム『アンコール』は52.8万枚を売り上げ3位、ONE OK ROCKの約2年ぶりのアルバム『Ambitions』は33.2万枚を売り上げ6位、Suchmosのアルバム『THE KIDS』は14.7万枚売り上げ10位にランクインした。

 また、異例のヒットとなった映画『ラ・ラ・ランド』(9.5万枚/18位)を筆頭に、映画・ゲームのサウンドトラックがランキングを席巻した。映画関連では、ほかに『ワイルド・スピード』(6.4万枚/34位)や『劇場版 名探偵コナン 主題歌集 〜“20”All Songs〜』(4.0万枚/57位)、ゲーム関連では『Fate/Grand Order Original Soundtrack I』(7.4万枚/27位)、『NieR:Automata』(5.0万枚/43位)、『『ペルソナ5』オリジナル・サウンドトラック』(4.9万枚/47位)など、人気シリーズが軒並みランクインした。また、洋楽では、エド・シーラン(6.1万枚/35位)、ザ・チェインスモーカーズ(3.2万枚/75位)ら、今年の『グラミー賞』にノミネートされた新世代の活躍が目立った。

史上初、嵐が2度目の上半期映像全部門制覇! 『シンゴジラ』と『HiGH & LOW』シリーズも好調

 上半期映像(DVD&BD)ランキングでは、嵐の最新ライブを収録した『ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?』が、DVD部門で33.5万枚、BD部門で35.6万枚を売り上げ、ともに1位を獲得。また総合ミュージック映像ランキングでも69.1万枚を売り上げ1位となり、映像ランキング全部門を制覇した。同記録は、2015年に嵐自身が『ARASHI BLAST in Hawaii』(2015年4月発売)で獲得して以来、史上2度目の快挙となった。また、上半期総合1位は今作で通算7作目となり、自身が持つ歴代記録の上半期DVD総合1位獲得数を更新した。さらに、BD部門では、自身が『ARASHI BLAST in Hawaii』で2015年に記録した「ミュージックBD部門」での最高売上枚数29.0万枚を上回り、同部門上半期最高を記録。ミュージックBD作品としては史上初となる30万枚突破となった。

 今期のDVD総合部門では、TOP10を全て音楽作品が独占。『HiGH & LOW』シリーズのライブ映像『HiGH & LOW THE LIVE』が、14.2万枚を売り上げ6位にランクイン。複数のアーティストによる音楽作品として史上初のTOP10入りとなった。BD部門では、『シン・ゴジラBlu-ray特別版』が4位に、『シン・ゴジラBlu-ray』が6位にランクインし、邦画作品としては史上初の2作同時総合TOP10入りを果たした。

Mr.Childrenの25周年配信限定ベストが上半期アルバムDL数で首位獲得

 今年度より発表開始となったデジタルアルバム部門(デジタルアルバム部門:作品別DL数ランキング)では、Mr.Childrenのデビュー25周年記念配信限定ベストアルバム『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』(8.6万DL)が1位、『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』(7.2万DL)が3位と2作が上位入りした。また同じくアニメシングル部門、アニメアルバム部門も発表開始。シングル1位は、読売テレビ・日本テレビ系アニメ『タイムボカン24』のOPテーマに起用されたHey!Say!JUMPの「OVER THE TOP」(30.0万枚)、アルバム1位は、フィギュアスケートを題材にしたテレビ朝日系アニメ『ユーリ!!! on ICE』の『Oh! スケトラ!!! ユーリ!!! on ICE/オリジナル・スケートソングCOLLECTION』(7.6万枚)が獲得した。
集計期間:2016/12/26付〜2017/6/19付
※本文中の売上枚数は、すべて集計期間内の記録。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2017年7月17日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2017年7月17日号

<COVER STORY>
大林克己氏(IMAGICA代表取締役社長)
創業100周年に向けて新たな一歩
グループ再編からワンストップ構造を実現

<SPECIAL ISSUE 1>
米ディズニーのデータベース構築を現地取材
「受け継がれるDNA」と「支えるシステム」

<SPECIAL ISSUE 2>
音楽、映像、書籍月間マーケットレポート 17年6月度

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!