• ホーム
  • おでかけ
  • 広くて斜面もなだらか!初心者も滑りやすいおすすめのスキー場5選

広くて斜面もなだらか!初心者も滑りやすいおすすめのスキー場5選

この冬にスキー・スノーボードを始めてみませんか。ふわふわな雪面を滑り降りると、景色がアクション映画のように左右へ流れ、爽快感でいっぱいに。スキー場は普段とは違う非日常を体験できる絶好の場所です。でも、初めて滑るとなると緊張も…。そんな時は広くてゆるやかなコースへ。さらにリフトではなくゴンドラなら乗り降りも簡単です。今回は初心者も安心して滑られるおすすめスキー場を5つご紹介します。

山頂周辺が初級!長野「竜王スキーパーク」

写真:浅井 みらの

ロープウェイで一気に標高1,770mへ行ける長野県「竜王スキーパーク」。山頂駅からは北アルプスが見渡せ、一般の人も絶景目的で訪れるほど。隣接したカフェでは、景色を見ながらのコーヒーが人気です。コース数14、そのうち初級コースは4。リフト9本にロープウェイ1基。

写真:浅井 みらの

山頂のスカイランドエリア、中腹の木落しエリア、ふもとのバレーエリアの3エリアに分かれます。特におすすめは山頂の“スカイランドAコース”。柔らかな雪質で、斜面もなだらかなのが初心者にも嬉しいポイント。時期によっては樹氷が見れます。中腹は上級コースなので、帰りもロープウェイがおすすめです。

写真:浅井 みらの

ふもとに集結した初級コースは広々として初心者もゆっくりと滑れます。基礎から教えてくれるスクールは、スキーとスノーボードの両方があり、詳細はスキー場ホームページより確認できます。
アドベンチャーパークは雪上バギー体験や大人も楽しめるソリコースもあり、遊べる場所が充実。天然温泉“三ヶ月の湯”では、ほっこり温まれます。東京発バスツアーも多いです。
<竜王スキーパークの基本情報>
住所:長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬11700
電話番号:0269-33-7131
スキー営業期間:2017年12月16日〜2018年4月1日 、 山頂は4月週末と祝日(予定)
リフト運行時間:8:00〜17:00(ナイター 平日〜20:00 土曜日〜21:00)、4月週末 9:00〜17:00
アクセス: 上信越道・信州中尾ICより車で30分

空も飛べる!長野「野沢温泉スキー場」

写真:浅井 みらの

長野県名産の野沢菜漬け発祥地にある「野沢温泉スキー場」。バラエティ豊かなコースが魅力です。コース数36、そのうち初級コースは16と多いのも初心者に好評です。リフト17本、ゴンドラ2基。運が良ければ長坂ゴンドラ乗車時にマスコットの野沢菜“ナスキー”と一緒に山の上へ行けます。

写真:浅井 みらの

標高1,650mの山頂から続く“やまびこA〜Eコース”は中級コースですが、爽快なパノラマビューと出会えるのが魅力。初心者にはCコースが比較的傾斜がゆるく滑りやすいです。中腹の“上ノ平ゲレンデ”と“パラダイスゲレンデ”もゆるやかなコース。どちらもゴンドラで行けるのが心強いです。

写真:浅井 みらの

ふもとの“日影ゲレンデ”も滑りやすいですが、目を引くのが“ジップ・スカイライド”。一気にワイヤーケーブルで翔け抜けます。距離は日本最長の652m、最大時速は70kmとスキー・スノーボードでは到達できない速さです。他にも雪上車による雪原遊覧ツアーやスノーシューのアクティビティもおすすめです。
スクールはスキーとスノーボードの両方があり、一般、キッズのみ、プライベートなど種類も豊富。初めてならレッスンとリフト券がセットになった初心者パックがお得です。
<野沢温泉スキー場の基本情報>
住所:長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷7653
電話番号:0269-85-3166
スキー営業期間:2017年11月25日〜2018年5月6日(予定)
リフト運行時間:8:30〜17:00(ナイター 〜20:00)
アクセス: 上信越道・豊田飯山ICより車で25分

コースより草原!長野「栂池高原スキー場」

写真:浅井 みらの

豊富な積雪と上質パウダースノーが人気の長野県「白馬エリア」。9つのスキー場が集まり、特に初心者におすすめは「栂池高原スキー場」。コース数10、そのうち初級コースは3と少なく感じるかもしれませんが、“鐘の鳴る丘ゲレンデ”はコースの端と端が見えないほど。“親の原ゲレンデ”と“からまつゲレンデ”も穏やかな傾斜で人気です。リフト19本にゴンドラ1基。

写真:浅井 みらの

ゴンドラは山頂周辺と中間の2ヶ所で下車できます。どの駅からも初級コースがふもとまで続きます。標高の高い場所へ訪れたら周囲にご注目です。標高2,800mを超える白馬三山が壁のようにそびえ、圧倒的な存在感を放っています。

写真:浅井 みらの

滑りに慣れてきたら、初中級コース“ハンの木ゲレンデ”へ。全長3,000mのロングコースで、変化に富んだ斜面を楽しめます。一部がコブになっている場合もありますので、スピードは出し過ぎないようにしてくださいね。
ゆっくり雪山を満喫したいならスノーシューもおすすめ。標高1,900m辺りを散策したり、物資を運んでいた牛と人が寝泊まりした歴史遺産の牛方宿を巡ったりできます。スクールはスキーのみの受付です。
<栂池高原スキー場の基本情報>
住所:長野県北安曇郡小谷村千国乙12840-1
電話番号:0261-83-2515
スキー営業期間:2017年11月23日〜2018年5月6日(予定)
リフト運行時間:8:00〜17:00 ナイター 18:00〜21:00
アクセス:上信越道・長野ICより車で70分

五輪も堪能!長野「白馬八方尾根スキー場」

写真:浅井 みらの

長野オリンピックの歴史を感じられる「白馬八方尾根スキー場」。ゴンドラ乗場には五輪のロゴが飾られ、カフェテリア“うさぎ平テラス”には当時のポスターも見ることができます。
コース数13、そのうち初級コースは3と少なめですが、ホームページに初級から上級の各マップがあり、初級には中上級コースでも初心者が滑りやすいエリアも紹介されてます。リフト22本にゴンドラ1基。

写真:浅井 みらの

真っ白な斜面が広がる山頂は見ているだけでも開放感抜群。ふもとに広がる“白樺ゲレンデ”、“名木山ゲレンデ”、“咲花ゲレンデ”はゆったりサイズの初級コースで、滑り比べも楽しいですよ。
雪山デビューを応援している“咲花デビューチケット”というエリア限定のリフト券は、広々とした“咲花ゲレンデ”専用。雪を滑る感覚に慣れるのにピッタリですし、通常リフト券より安いのも魅力です。このチケットは「雪マジ!19」も対象です。スキーとスノーボード両方のスクールもあります。

写真:浅井 みらの

雪の斜面を颯爽と走り抜けるファットバイクは珍しいアクティビティ。同スキー場内にある“北尾根高原スノーラフティングパーク”でレンタルできます。ゴムボートで振り回されるスノーラフティングも人気です。
<白馬八方尾根スキー場の基本情報>
住所:長野県北安曇郡白馬村大字北城八方
電話番号:0261-72-2715
スキー営業期間:2017年11月23日〜2018年5月6日(予定)
リフト運行時間:平日8:00〜16:20、週末と祝日7:30〜16:20 (ナイター 〜21:00)
アクセス: 上信越道・長野ICより車で60分

自然美の宝庫!山形「蔵王温泉スキー場」

写真:浅井 みらの

14のゲレンデが集まり、パウダースノーに恵まれやすい山形県「蔵王温泉スキー場」。山頂は雪と風によって木が二回りも大きくなった樹氷が名物で、まさに自然が造り出した冬の彫刻品。一般の方々もロープウェイに乗って見に行けます。
コース数は25、そのうち初級コースが16と多め。リフト32本にロープウェイ3基。東北最大規模のスキー場で、東京から夜発日帰りバスで日帰りもできます。スクールも7校あり、各校の詳細はスキー場ホームページより確認できます。

写真:浅井 みらの

樹氷以外にも、雪化粧に包まれた世界はまるでディズニー映画「アナと雪の女王」のよう。滑っている最中も、周囲の美しさに息を呑みます。どのゲレンデにも初級コースがあるので初心者に心強いですが、横幅が最大200m、最小でも100mという“百万人ゲレンデ”は必見です。

写真:浅井 みらの

広大なスキー場ですので、レストランも15ヵ所と充実。冷え切った身体を芯まであたためてくれるのが、宿泊もできる“Forest Inn SANGORO(フォレスト イン サンゴロ)”の名物クラムチャウダー。ロッジ風の外観が目印で、中央ゲレンデにあります。店内も暖炉の火が灯り、おしゃれな空間です。
<蔵王温泉スキー場の基本情報>
住所:山形県山形市蔵王温泉土合709-1
電話番号:023-694-9617
スキー営業期間:2017年12月9日〜2018年5月6日(予定)
リフト運行時間:8:15〜17:00(ナイターは上の台ゲレンデと横倉ゲレンデであり)
アクセス: 山形道・山形蔵王ICより車で25分

まずはスキー場へ

上手にスキー・スノーボードを滑るあの人も、昔は初心者。ゆるやかな斜面からデビューし、徐々に慣らしていきました。もし興味が少しでもあれば、ぜひ一度スキー場へ。できれば週末より人が少なめの平日がおすすめです。ぎゅっぎゅと歩くと聞こえる雪の音。透明感ある澄んだ空気。そして、青と白の2色だけの清々しい景色。それだけでもリフレッシュできます。
今回ご紹介したスキー場は、ゆるやかな斜面と幅広いコースなので滑りやすいのが魅力ですが、トレッキングなど他のアクティビティも充実しています。スキー・スノーボードに疲れたら、違う雪遊びを楽しめるのもスキー場の醍醐味。ぜひ訪れた際は、思い思いに雪山を楽しんでみてはいかがでしょうか。
2018年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
竜王スキーパーク
http://www.ryuoo.com/
野沢温泉スキー場
http://www.nozawaski.com/
栂池高原スキー場
http://www.tsugaike.gr.jp/
白馬八方尾根スキー場
http://www.happo-one.jp/
蔵王温泉スキー場
http://www.zao-ski.or.jp/

【トラベルjpナビゲーター】
浅井 みらの

提供元:トラベルジェイピー 旅行ガイド

オリコントピックス