• ホーム
  • 趣味
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】

トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】

とどめのリファイン

マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。

シェア争いでは圧勝

アルファード/ヴェルファイアがマイナーチェンジした。現行型デビューからまる3年、町でよく見かけるのも道理で、いまや大型ミニバンクラスで75%のシェア(2017年)をとる。6気筒エンジン搭載の国産大型ミニバンといえば、「日産エルグランド」のほうが先輩のはずだが、アルヴェル兄弟合わせて、そのパイオニアに販売台数ですっかり大差をつけてしまった。平均単価500万円弱といわれるクルマが年に9万台近く出るわけだから、トヨタにとっても最重要な国内モデルのひとつといえる。

変更は、まずフェイスリフト。外板そのものは変えていないが、ボディー前後の樹脂パーツをリデザインしてイメージチェンジを図った。トヨタの意図通り、見た目の腰高感が減って安定したように思う。

パワーユニットはこれまでどおり2.5リッター4気筒/3.5リッターV6/2.5リッター4気筒ハイブリッドの3種類。そのうち刷新されたのは3.5リッターで、2GR-FE型から2GR-FKS型に換装された。「レクサスGS」に搭載されている直噴ダブルインジェクションの新しいV6である。変速機も6段ATから8段ATに進化した。安全性能では、Toyota Safety Sense(トヨタセーフティーセンス)の最新バージョンが全車に標準装備された。

今回、横浜みなとみらい起点の試乗会で乗ったのは、3.5リッター4WDのヴェルファイアと、アルファードのハイブリッド。キャビンはいずれも最上級の7人乗りエグゼクティブラウンジ。試乗車価格、2台合わせて1500万円オーバーのハイエンドアルヴェルである。...

提供元:webCG

オリコントピックス