YouTuber所属事務所「UUUM」が増収増益 売上高48億円

東海オンエアなど新規クリエイターが加入

YouTuberマネジメントを手掛けるUUUM(ウーム)が1月11日に発表した2017年6月〜11月の連結業績は、売上高が48億7300万円(前年同期比176%)、営業利益が2億5800万円(同110%)と増収増益だった。新たなクリエイターの獲得や育成など事業基盤の強化に加え、イベント、グッズなど新規事業の拡大に注力していた。

17年8月時点の業績予想(売上高37億7600万円、営業利益5500万円)を大幅に上回った。国内動画広告市場の成長を背景に、アドセンスと広告収益が好調に推移したためと説明している。

経常利益は2億4700万円、最終利益は1億5900万円だった。

UUUMは、HIKAKIN(ヒカキン)やはじめしゃちょーなど人気YouTuberのマネジメントを手掛けている。17年8月には東証マザーズに上場。11月にはYouTuberの東海オンエアなどのクリエイターが同社に新規加入した他、リアルイベント「U-FES.2017」を全国6都市で開催し、累計約1万5000人の観客を集めるなど話題を呼んでいる。

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス