• ホーム
  • 趣味
  • 録画しても見る時間がない? それなら業界初の「可変速早見」機能を備えた新「AQUOSブルーレイ」がオススメ

録画しても見る時間がない? それなら業界初の「可変速早見」機能を備えた新「AQUOSブルーレイ」がオススメ

シャープは、業界初となる新機能「可変速早見・早聞き」を搭載し、UHD BD再生にも対応したブルーレイディスクレコーダー「AQUOSブルーレイ」4機種を10月30日に発売します。ラインナップは、トリプルチューナー搭載で内蔵HDD 3TBの「BD-UT3200」(実売予想価格10万5000円前後)、2TBの「BD-UT2200」(同9万5000円前後)、1TBの「BD-UT1200」(同8万5000円前後)と、ダブルチューナーの内蔵HDD 2TB「BD-UW2200」(同8万5000円前後)を用意。

レコーダーは、録画機能の進化とハードディスクの大容量化により、手軽に多くの番組を録画できるようになりましたが、一方で録画した番組をゆっくり視聴する時間がなく、視聴しないまま番組を消去するケースも多く見受けられるとのこと。そこで本機では、時間をかけずに番組を視聴するときに便利な「早見・早聞き」機能をより使いやすく進化させた、業界初の「可変速早見・早聞き」機能を搭載。これまでは変更できなかった再生スピードを、1.1倍から2.0倍まで10段階(0.1倍単位)で細かく調整できるので、番組の内容や視聴時間に合わせて、お好みのスピードで楽しめます。字幕表示(※)にも対応しているので、音声が聞き取りにくいシーンも安心です。

※:字幕データがある番組のみ

また、4Kテレビならではの高画質を存分に楽しめる高解像度「4K」や高輝度「HDR」、広色域「BT.2020」に対応した「Ultra HD ブルーレイ」の再生や、高精細な文字と番組や人物の画像付きで見やすく便利な「4Kビジュアル番組表」も搭載し、4Kテレビの実力を引き出して楽しむことが可能。

さらに、BDドライブ内部へのチリやホコリなどの侵入を防ぐ耐塵対策と、光学性能の改善により耐久性を高めた新開発の「ホコリシールドBDドライブ」を搭載したほか、新作の連続ドラマを自動で録画できると好評な「ドラ丸」などの機能も充実しています。

見たい番組を録画していても、実際に見る時間がなくて……という方は、新機能を搭載したAQUOSブルーレイをぜひチェックしてみて下さい。

提供元:GetNavi web

オリコントピックス