• ホーム
  • デジタル
  • 日本に上陸した「Google Home」とじゃんけんしてみた そこから見えた方向性とは

日本に上陸した「Google Home」とじゃんけんしてみた そこから見えた方向性とは

音声アシスタント「Google Assistant」に対応するスマートスピーカー「Google Home」が10月6日に日本で発売された。価格は1万4000円(税別)。ITmedia NEWS編集部では3人が入手し、3台のGoogle Homeが届いている。

前日の10月5日には、LINEがスマートスピーカー「Clova WAVE」の正式版を発売した。こちらもITmedia NEWS編集部では2人が購入している。

Google HomeとClova WAVE、どう違うのか。比較してみた。

「ピザって10回言って」

通常のレビューは他の人に任せるとして、ここではやはり「センス」を問いたい。WAVEに「ピザって10回言って」と言うと、「ピザピザ……」と反応したが、Google Homeはどうか?

Google Homeは全てを分かっているような反応を見せた。ちなみにWAVEは、「あれ、1つ少なかったみたいですね」という、少しハテナなオチを言う。これについては、Google Homeの勝利といったところだろうか。

「あっちむいてホイ、しよう?」

続いて、Google Homeに「あっちむいてホイ、しよう?」と言ってみる。

こちらは、WAVEの方が上手(うわて)だ。WAVEはちゃんと相手をしてくれる。

「じゃんけん、しよう?」

Google Homeに「じゃんけん、しよう?」と言うと、じゃんけんをしてくれる。ただ、Google Homeは自分が何を出したのか言ってはくれない。そういえば、あっちむいてホイも相手にしてくれなかったが、何か理由がありそうだ。

さらに、「何出したの?」と聞くと、「何でもないです。お気になさらず」と答える。

WAVEを思い返してみると、「私はチョキを出しました」「私は上を指さしました」などと言っており、まるで手が存在するようだったが、Google Homeにそれはない。もしかすると、Google Homeは音声で勝負、Clova WAVEはロボットのように音声に応じてハードを駆動するようなものを目指しているのかもしれない。

「ハッピーバースデーを歌って」

最後に、Google Homeに「ハッピーバースデーを歌って」と呼び掛けてみる。こちらは何パターンかあるようで、スタンダード(?)なものはなぜか字余り……。どこかかわいく、そして歌を聞いてなぜか少し切なくなる。

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス