• ホーム
  • コラム
  • 人生を変えたいと願う人が知っておくべきたった1つのこと

人生を変えたいと願う人が知っておくべきたった1つのこと

『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』が8月30日にダイヤモンド社から発売されたことを記念して、20万部突破の第一弾『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』を特別公開します。アドラーの厳しくもあたたかい言葉に、あなたも勇気づけられてください。

ピンク色のレンズの眼鏡をかけている人は
世界がピンク色だと勘違いをしている

アルフレッド・アドラー Alfred Adler(1870年-1937年)オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。フロイト、ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。個人心理学(アドラー心理学)を創始し、『7つの習慣』のコヴィー博士、カーネギーらに影響を与えた。「自己啓発」の源流である。

あなたが廊下を歩いている場面を想像してください。すると、向こうからあなたが日頃から好意を持っている人が歩いてきてすれ違いました。その瞬間にその人があなたを見て、クスッと笑いました。あなたはどのように感じるでしょうか? 「バカにされた」と思うでしょうか?「相手も自分に好意を持っているから微笑んだ」と思うでしょうか?

人は同じ場面に出合っても、受け取り方は十人十色です。同じ体験をしても、それを喜ぶ人もいれば悲しむ人もいる。そしてそれは認知の中核を占めるライフスタイル(=性格)によって決まるのです。 自分は人に好かれるはずがない、という自己概念の人は「バカにされた」と思うでしょうし、自分はあらゆる人に好かれているという自己概念の人は「相手が好意を持っているから微笑した」と取るでしょう。

多くの人は自分が独自の認知の傾向を持っていることに気づきません。あらゆるものがピンク色に見えるのは、世界がピンク色だからだ、と思っているのです。しかし、実際は違います。自分がピンク色のレンズの眼鏡をかけているだけなのです。このようにライフスタイルはものごとの見方に色眼鏡として影響を与えます。これを認知バイアスと呼びます。私たちは認知バイアスを通してしか世の中を見ることはできません。完全に客観的な見方をすることはできないのです。

※本連載は日曜日以外の毎日更新します。

提供元:ダイヤモンド・オンライン

オリコントピックス