• ホーム
  • コラム
  • ガンバ大阪をクビになった男がブランド買取市場で大成功できた理由

ガンバ大阪をクビになった男がブランド買取市場で大成功できた理由

「SOU」の嵜本晋輔社長 Photo by Youhei Kurihara

街中でしばしば目にする「ブランド品買取」の文字。この業界で爆発的な成長を遂げている会社がある。創業5年で売上高219億円を達成した「SOU」だ。そしてSOUが運営する中古ブランド品の買取事業が「なんぼや」。並み居るライバルたちを押しのけて、「なんぼや」が急成長できた背景には、差別化戦略と意外なビジネスモデルの転換があった。そして何より、SOUを率いる嵜本晋輔の歩んできた波乱万丈の人生があった。(文/武田鼎)

品川シーズンテラス28F、再開発が進められている品川地区を一望できるオフィスタワーの一室は、異様な熱気に満ちていた。スーツ姿のビジネスマンからカジュアルな服装の女性、そして外国人の男女まで──。一見しただけでは職種も年齢も分からないが、彼らの視線は会議室前方のスクリーンに注がれている。そこには、有名ブランドのジュエリーの写真と品番が映し出されていた。

「3万円から!」

会場に、司会者のハリのある声が響く。間髪入れずに続々と手が上がる。落札までわずか数秒。独特の符牒と手の動きで、ブランド品が次々と競り落とされていく。まるで築地のセリのようなこのオークションこそ、「SOU」の急成長の秘密なのだ。...

提供元:ダイヤモンド・オンライン

オリコントピックス