不審なドローン、レーダーとカメラで検知 日立が新手法

日立製作所は10月6日、上空から接近する不審なドローンを迅速に発見し、警備をサポートする検知システムを12月から提供すると発表した。目視と比べてより広いエリアを監視できるという。

レーダーで不審なドローンを検知し、カメラで捕捉、追尾する仕組み。地図ソフトウェアと連携し、ドローンの侵入経路や位置、映像などの情報を地図上に表示することで警備をサポートする。レーダー、カメラなどは小型軽量で持ち運びでき、少人数でも短時間で設置、運用できるという。

あらかじめ地図ソフトウェア上でレーダーやカメラの死角をチェックしたり、ドローンが侵入した場合の検知状況をシミュレートすることで、レーダーとカメラ、警備員の適した配置を提案する機能も用意する。

従来のドローン検知手法は、マイクで飛行音を捉えたり、機体と操縦者間の通信電波を検知したりするものがあったが、周囲の雑音や他の電子機器の影響を受ける可能性があった。新手法はそうした心配が少なく、大きな音が発生するイベント会場や、電波が飛び交う場所でも使えるという。

新システムは、「テロ対策特殊装備展 '17」(10月11〜13日、東京ビッグサイト)や「Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYO」(11月1〜2日、東京国際フォーラム)で展示する。

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス