舞い飛ぶ火の粉に歓声 下妻・タバンカ祭

白装束姿の若者が燃え上がった炎を畳をたたきつけ風圧で消火すると見物人から歓声が上がった=下妻市の大宝八幡宮

白装束姿の若者がたいまつの炎を荒々しく舞い散らす奇祭「タバンカ祭」が12日夜、下妻市大宝の大宝八幡宮で行われ、災いを遠ざけるとされる火の粉を浴びようと、境内は大勢の人たちでにぎわった。 祭りは午後7時...

提供元:茨城新聞クロスアイ

オリコントピックス