• ホーム
  • おでかけ
  • “仮装”でこんなに楽しめる!2017年「ディズニー・ハロウィーン」

“仮装”でこんなに楽しめる!2017年「ディズニー・ハロウィーン」

イベントはお好きですか。秋の風物詩として定着している東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの「ディズニー・ハロウィーン」(9月8日〜10月31日)。20周年目を迎える2017年は、初めて2つのパークでディズニーキャラクターの仮装を“毎日”楽しむことができます。普段ハードルが高めの仮装をチャレンジしてみる絶好のチャンス。まずは小物から始めてみて、秋のスペシャルイベントを思い切り満喫してみませんか。

サングラスやTシャツから始めてみる

写真:浅井 みらの

特定のキャラクターがイメージできるサングラスやカチューシャは、さり気なさを装いつつもハロウィーン気分も十分満喫できる便利なアイテム。サイズも小さいので、電車やバスの中ではカバンにしまえるのも嬉しいポイントです。友達と一緒にコーティネートすれば、それだけで気分もワクワクしてきますよ。

写真:浅井 みらの

Tシャツやパンツをディズニー柄に統一してみるのも、仮装のひとつ。どうせなら普段着ない色でコーディネートしてみるのはいかがでしょう。それだけでも特別感がでてきますし、友達と一緒ならより楽しさが伝わってきます。万が一はぐれた時でも見つけやすいというおまけつきです。
小物や洋服は、東京ディズニーランドだとワールドバザールのグランドエンポーリアム、東京ディズニーシーではメディテレーニアンハーバーのエンポーリオが品揃えも豊富なので、ぜひ探してみてください。

ディズニー仮装デイズでアイデアを

写真:浅井 みらの

誰に仮装しようか迷ったら、“ディズニー仮装デイズ”を参考にしてみましょう。期間ごとに仮装テーマが決まっていて、それに合わせた仮装で来園すると限定のオリジナルカードももらえます。もちろんテーマ以外のディズニーキャラクターの仮装も行えますので、ご自身のお好みに合わせて決めてくださいね。
9/8(金)から9/21(木)までのテーマは、ディズニープリンセス。ベルやシンデレラ、それに白雪姫や、アリエル、ジャスミンなど女の子が一度は憧れたお姫様です。こちらの綺麗なお姫様2人は手作りのドレスで登場。ドレスの細部までこだわりが感じられ、まさに芸術品です。

写真:浅井 みらの

9/22(金)から10/5(木)までのテーマは、ピクサーフレンズ。モンスターズ・インクやトイ・ストーリー、それにファインディング・ニモとバグズ・ライフの作品が当てはまります。
特にモンスターズ・インクは、東京ディズニーランドのトゥモローランド内モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”の近くにモンスターズ・インクでおなじみのカンパニーロゴがあります。そこで写真を撮れば、より作品の世界に入った一枚になりますよ。
(C)Disney/Pixar

写真:浅井 みらの

10/6(金)から10/19(木)まではマレフィセントやジャファーなどの悪役、ディズニーヴィランズがテーマ。ハロウィーン期間中の東京ディズニーシーでも主役を務めていて、人気があるキャラクターばかりです。マレフィセントの妖しい雰囲気漂うこちらの方は、午後になると別の仮装をするのだとか。何回も違う仮装をされる、まさにハロウィーン通です。
最後の10/20(金)から10/31(火)までは、ミッキー&フレンズ。ミッキーマウスやミニーマウス、それにドナルドダックなどディズニーの仲間たちでフィナーレを迎えます。水玉模様のスカートやキャラクターがイメージできる色合い(ドナルドダックの青や白)の洋服を着てみるだけでも、ハロウィーンらしさが感じられますよ。

フル仮装にうっとり

写真:浅井 みらの

本格的なフル仮装を見られるのも、この時期ならではの楽しみです。東京ディズニーランドのシンデレラ城前の広場では、毎年ハロウィーンに仮装してくるベテランの方々が多く集り、シンデレラ城との2ショットを撮影しています。
2017年に映画で公開された“美女と野獣”の仮装している方々の姿も。野獣のアダムにプリンセスのベルだけでなく、ポット夫人にチップまで。そして、さり気なく手にはルミネールもいるという勢ぞろいぶり。実はこちらのご家族は毎年仮装に参加されるという素敵な習慣をお持ちの方々です!

当日使えるおすすめ仮装グッズ

写真:浅井 みらの

事前に仮装のアイテムがなくても、2つのパークにある新グッズですぐに仲間入りできます。ミッキーの耳がかわいい“ファンキャップ”は、東京ディズニーランド限定。ワールドバザールのグランドエンポーリアムで販売されています。

写真:浅井 みらの

誰でもすぐにマレフィセントになれるのが、東京ディズニーシー限定の“カチューシャ”。メディテレーニアンハーバーのエンポーリオにあります。紫と黒の大人しい色合いですが、存在感があるグッズです。

写真:浅井 みらの

両パークのTシャツを着るだけでも、ハロウィーン気分になれますよ。東京ディズニーランドでは、まるでライブTシャツのような弾けた柄が印象的。東京ディズニーシーは、ディズニーの仲間たちとヴィランズの両方が描かれた、盛りだくさんなデザインです。またグッズは品切れや金額、内容などが変更になる場合がありますので、現地でご確認くださいね。

より仮装を楽しめる写真スポット

写真:浅井 みらの

両パークでは、それぞれハロウィーン期間中限定のデコレーションが施され、記念撮影したくなるスポットがたくさんあります。東京ディズニーランドでは、かぼちゃを中心にカラフルな写真が撮れますよ。特にウエスタンランドは、かわいいかぼちゃのかかしや看板が多く、おすすめです。

写真:浅井 みらの

ミッキーマウスなどディズニーの仲間たちの世界にどっぷり浸かりたいなら、東京ディズニーランドのトゥーンタウンがぴったり。それぞれの家にかぼちゃが置かれ、家の前には車や郵便受けなどがあり、写真映え効果が抜群です。

写真:浅井 みらの

絵になるフォトロケーションをお探しなら、東京ディズニーシーへ行きましょう。アラビアンコーストではモスクや幾何学模様の壁など、日本にいるとは思えない一枚に仕上がります。その他にも、中世のお城や南ヨーロッパの建物が並ぶエリアもあり、どこも絵葉書のような美しさです。
2017年春から登場したダッフィーの新しいともだち、ステラ・ルーが夢見るステージをイメージしたフォトスポットもハロウィーンバージョンになっています。こちらはアメリカンウォーターフロントの灯台近くにありますので、ぜひ探してみてくださいね。

仮装する前にルールをチェック

20周年を迎える2017年のディズニー・ハロウィーンは、“仮装”がポイント。ゲストが楽しんでもらえるよう両パークで更衣室も完備していますが、棒や長杖などは危ないので持ち込めないなどルールもあります。仮装する際の詳細は、東京ディズニーリゾート(R)・オフィシャルウェブサイトを参照もしくは問い合わせで確認してくださいね。
ディズニー仮装デイズでもらえるオリジナルカードは、テーマごとにデザインが異なり全4種類。カードには仮装写真を撮る際のおすすめ撮影ポイントが記されています。ぜひカードを貰った際は、参考にして素敵な思い出写真を撮ってみてくださいね。
(C)Disney

■関連MEMO
東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト
http://www.tokyodisneyresort.jp/top.html
仮装のルール
http://www.tokyodisneyresort.jp/special/halloween2017/dressup/rule.html
ディズニー仮装デイズ
http://www.tokyodisneyresort.jp/special/halloween2017/dressup/days.html
【たびねす】一緒に踊って満喫200%!東京ディズニーランド「ディズニー・ハロウィーン2017」
http://guide.travel.co.jp/article/28658/
【たびねす】悪役が大暴れ!東京ディズニーシー「ディズニー・ハロウィーン2017」
http://guide.travel.co.jp/article/28669/

【トラベルjpナビゲーター】
浅井 みらの

提供元:トラベルjp<たびねす>

オリコントピックス