• ホーム
  • グルメ
  • 最高で1日1万食の売り上げを記録!東京生まれのおしゃれスイーツ「スモア」を大解剖

最高で1日1万食の売り上げを記録!東京生まれのおしゃれスイーツ「スモア」を大解剖

温めてトロトロにとろけたマシュマロを味わうのもおすすめ

東京土産を買う時に気になることは人さまざま。例えばパッケージのおしゃれさであったり、日持ちの良さだったり、“東京らしさ”を感じる商品を選ぶことも多いのでは?空港で各地の名産品を販売するANA FESTA。羽田空港及び成田空港店では“東京らしさ”にこだわった商品を展開中。その中でも不動の人気を誇るおしゃれスイーツ「スモア」は、ピーク時に1日約1万食を売り上げる大ヒット商品だ。

「焼マシュマロタルト・スモア(S'MORE) 」(8個入り 1296円)は、ANA FESTAと「東京ぼーの」を開発したD&Nコンフェクショナリーとの共同開発によって生まれた商品。「スモア」の開発プロジェクトは、2016年6月にスタートし、まず東京土産においてどんな商品が選ばれているのか、その調査から始まった。

様々なアンケートや調査を重ね、“東京”の名前を冠したベタなものではなく、ストーリー性を持たせ、贈りたくなるようなギフト寄りの商品を開発していくことに決まったという。そして開発テーマとなったのが、昨今アメリカンスイーツや焼きたてスイーツが世に多く出回っている中で、話題のスモアを再現すること。試行錯誤の日々が続きオリジナルの自家製マシュマロを開発。炎であぶってもマシュマロが溶け出すことなく安定した形状を保つことには特に苦労したという。

さらに「スモア」の開発はパッケージにもこだわりが。デザインの面では、店頭で並ぶ商品と一線を画すために、色合いや風合いの高級感を前面に出すことを一番に据えつつ、遠くから見てもわかりやすいように目立つ色味を選んでいる。

ネーミングでは、ストーリー性をわかりやすくするため「スモア」に決定。加えて東京・江東区に工場があり“東京らしさ”、本物の東京土産と自信をもってうたえることから、“MADE IN TOKYO”とパッケージにも目立つように記載している。

また、「スモア」は、電子レンジで5秒温めると出来立てのようにトロトロととろけたマシュマロが味わえる。“東京らしさ”にこだわった両社の熱い思いと一緒に味わってみてはいかが?【ウォーカープラス編集部】

※2017年8月30日現在の取り扱いは、羽田空港及び成田空港のANAFESTAのみ

提供元:Walkerplus

オリコントピックス