• ホーム
  • 映画
  • 北野武監督5年ぶりベネチア「よくぞ呼んでくれた」

北野武監督5年ぶりベネチア「よくぞ呼んでくれた」

クロージング上映のためベネチア入りした北野武監督(撮影・杉山理紗)

北野武監督(70)が7日夜(日本時間8日未明)、ベネチア映画祭のため現地入りした。最新作「アウトレイジ 最終章」(10月7日公開)が、映画祭のクロージング上映作品に選ばれている。

5年ぶり9回目のベネチア映画祭。空港には軽い足取りで現れた。

取材に「(長時間のフライトで)疲れて弱ったよ」と笑顔で応え、「クロージングの映画だから、人がいるのかどうか(笑い) 誰もいないんじゃないか」と、ベネチアでも早速“たけし節”をさく裂させた。

クロージング作品に選ばれたことについては、「暴力映画だから、今の時代に合わないんじゃない? よくぞ呼んでくれたと思うよ」と感謝を示した。

提供元:日刊スポーツ新聞社

オリコントピックス