• ホーム
  • デジタル
  • Google研究者著「Deep Learning」日本語版公開 東大松尾研が翻訳

Google研究者著「Deep Learning」日本語版公開 東大松尾研が翻訳

『Deep Learning』の日本語翻訳版を一般公開

ディープラーニング(深層学習)の技術研究会であるDeep Learning JPは9月6日、米MIT Pressが出版したディープラーニングの教科書『Deep Learning』の日本語翻訳版を専用サイトに一般公開した。製本版を発売する前にフィードバックを得ることが目的で、発売後は公開を終了するという。

『Deep Learning』は、Googleの人工知能研究プロジェクト「Google Brain」の研究者イアン・グッドフェローさんなどが書いたディープラーニングの入門書。deeplearningbook.orgで段階的に執筆・公開を始め、完成した原著を2016年12月に発売した。製本版の価格は約1万円で、引き続きサイトで無料公開も続けている。

日本語への翻訳は、東京大学の松尾豊研究室が主体として取り組んだという。松尾豊特任准教授は人工知能関連の研究者で、人工知能学会の倫理委員長を務めるほか、『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』など関連本も執筆する。

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス