AppBank、最終赤字は2億6600万円 通期予想も赤字転落へ

2017年1〜6月期の連結決算

AppBankが8月10日に発表した2017年1〜6月期の連結決算は、最終損益が2億6600万円の大幅な赤字(前年同期は2900万円の赤字)となった。広告売上が減少したメディア事業、スマートフォンアクセサリーの販売売上が減少したストア事業ともに赤字で、前期実績を下回った。

売上高は8億9300万円(前年同期比22.5%減)で、営業利益は1億9400万円の赤字(前年同期は3800万円の赤字)だった。メディア事業、ストア事業ともに伸び悩み、赤字が膨らんだ。

メディア事業では、「AppBank.net」「パズドラ究極攻略」など情報サイトのほか、YouTuberのマックスむらいさんをはじめとする動画チャンネルなどを展開しているが、アプリバナー広告の単価低下などもあり広告売上が伸び悩んだ。売上高は3億9900万円(同14.0%減)、事業損失は1億4500万円(同2900万円の損失)にとどまった。

スマホアクセサリー販売を担うストア事業も苦戦。市場が飽和状態で、競争が激化している背景もあり、実店舗の閉鎖が相次ぎ、Eコマースサイトも振るわなかった。売上高は5億1400万円(同27.6%減)、事業損失は5600万円(同1800万円の損失)だった。

これに伴い、通期予想も大幅に下方修正。最終損益は2500万円の黒字から一転、4億1000万円の赤字になる見通し。売上高は25億5000万円の黒字が18億円に減収する見込みで、営業利益は5000万円の黒字が2億9000万円の赤字に転落すると予想している。

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス