• ホーム
  • 趣味
  • オフラインでも地図が使える!日本製の超高機能「スマートアウトドアウォッチ」登場

オフラインでも地図が使える!日本製の超高機能「スマートアウトドアウォッチ」登場

カシオから第2弾のスマートウォッチ 日本製も世界に負けていない!去る4月21日、カシオのスマートウォッチ第2弾として、プロトレックブランドから「WSD-F20」が発売された。

アウトドア活動時でも安心して使える5気圧防水で、しかもアメリカの国防総省による規格(落下、振動、湿度、高温&低温保管、温度衝撃など)にも準拠。精悍なルックスに相応の堅牢さを併せもったスマートアウトドアウォッチだ。

なんと、スマートフォンの電波が届かないフィールドでもカラー地図機能が使えちゃう。ここが従来の類似デバイスとの最大の違いであり、「WSD‐F20」最大の売りだ。

目的地周辺の地図を、あらかじめダウンロードしておけばOK。電波の届かない現地でも、「WSD-F20」の内蔵GPSとの組み合わせで自分の位置を確認でき、地図上に軌跡や地点登録のためのマークが残せるのだ。

事前に地図アプリから地図をダウンロードしておけばスマホが使えない地域でも地図が使え、もちろん軌跡表示も可能だ(写真は登山アプリ『YAMAP』の地形図)。
また、地図上にマークやメモを残しておけば、つぎに同じ場所へ行きたいときでもナビ設定が簡単。地図に目印のない自分だけの秘密の場所を記録しておくことができる。

アウトドア活動に必須のコンパスや高度計、気圧計などの計測機能も充実。各表示画面には消費電力の少ないモノクロ画面も用意され、フィールドでの利便性が十分に考慮されている。

このスマートさには感服です。 【次ページからより詳しい機能を解説します】地図やアプリは見やすいカラー、時刻表示はモノクロにすることで、電力消費を節約できる。この2層液晶もカシオ独自の技術だ。
充電にはマグネット着脱式の専用USBケーブルを使用。充電時間は約2時間で、連続使用時間は 約1日強(通常使用時)。
アクティビティアプリも標準搭載自転車、釣り、トレッキング等の『アクティビティ』アプリでは各アクティビティに適したデータを記録可能。トレッキングでは目標の標高を設定すると、歩行時間、目標までの標高差、ペースなどが計測可能。
アウトドアで役立つ多彩な機能●コンパス 赤矢印が真北の方角を、数字は進行方向を示す。モノクロデジタル表示に切り替えることも可。
●高度計この画面のほか、過去24時間の高度変化グラフ画面(カラー)、モノクロ表示が選べる。
●気圧計 高度計同様、過去24時間の気圧変化グラフ画面(カラー)、モノクロ表示を選択可能。
●日の出日の入り 日の出(左上)、日の入り(右上)、航海薄明開始(左下)、終了(右下)時刻を表示。ほか2画面。
●タイドグラフ中央の赤字が現在の潮位と時刻、グラフは現在時刻の前後12時間の潮位変化を表わす。

PRO TREK Smart/ WSD-F20仲間同士で専用アプリをインストールすれば、仲間の位置を地図上に表示したり、メッセージの送受信も可。消費電力の少ないモノクロ液晶はあるが、カラー地図や計測機能を多用すると20時間弱でバッテ リー切れになることも。長時間のアウトドア活動にはバッテリーチャージャーと充電ケーブルが必携だ。 \51,000

【SPEC】 ●1.32インチ2層構造ディスプレイ、カラーTFT液晶(320×300ピクセル)+モノクロ液晶 ●静電容量式タッチパネル ●マイクロフォン ●バイブレーター ●バッテリー=リチウムイオン電池/充電時間=常温で約2 時間 ● Bluetooth4.1 ● Wi-Fi =IEEE802.11b/g/n ●メモリー=4GB(内蔵)、512MB(RAM) ●5気圧防水 ●耐環境性能=MIL-STD-810G(米国防総省による米軍物資調達規格)に準拠 ●基本ツールAPP= ○コンパス(方位計測) ○高度計(計測範囲/-700〜10,000m、計測単位/1m、計測精度/±75m以内、計測間隔/1分) ○気圧計(計測範囲/260〜1,100hPa、計測単位/1hPa、計測精度/±3hPa以内、計測間隔/1分) ○潮汐とフィッシング(タイドグラフ/過去12時間+未来12時間分、フィッシングタイム/現在地と月の時角、月齢をもとに計算) ○日の出日の入り(現在地の日の出・日の入り時刻と方位) ●本体サイズ=(約)縦61.7×幅57.7×厚さ15.3o ●重量=約92g(バンド含む) ●OS=Android Wear 2.0 ●動作環境=Android 4.3以上、またはiOS 9以上を搭載したスマホが必要

http://wsd.casio.com

◎構成/坂本りえ ◎撮影/永易量行

提供元:BE-PAL

オリコントピックス