• ホーム
  • 趣味
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】

ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】

似て非なる存在

ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。

“安いから”から“便利だから”へ

現状の市況ではもっとも新しい数字となる3月末締め……つまり2016年度の新車販売台数は約508万台。うち、軽自動車の販売台数は約172万台で、その比率は約34%と、新車の3台に1台がそれということになる。一時は2台に1台の勢いだったのが、先の軽自動車税増税が潮目となって販売減が3年連続となり、登録車の堅調ぶりと明暗分かれたかたちだ。

とはいえ、ここ十数年のスパンでみれば軽自動車の需要がじわじわと伸びていることに変わりはない。その動向は高齢化と比してのユーザーの節約志向ともいわれるが、販売動向の1位が「ホンダN-BOX」で2位が「ダイハツ・タント」と、おのおの150万円前後の客単価となるだろうモデルが上位を占めているところをみると、維持費だけでなく背高スライドドアなどの機能や車寸的な扱いやすさの面で軽を積極的に選ぶ層が多い、つまり合理的選択の側が大勢だということがうかがえる。

さらに販売動向をみていくと、3位は「ダイハツ・ムーヴ」で4位は「日産デイズ」(「デイズ ルークス」含む)、5位に当該車種の1台であるアルトが登場し、さらに4車種を挟んで10位にようやくミラが現れる。ちなみに直近(2017年6月)の動向では、N-BOXに対してアルトの販売台数は約4割といったところ。これを多いとみるか少ないとみるかは人それぞれだが、法人需要の手堅さを思えば、両車ともに悩みのタネは個人需要の縮小というところだろう。それをなんとかしようという思惑は、好感度タレントをじゃんじゃん動員してのCMなどからも感じ取れる。アルトはゲス不倫うんぬんのおかげでケチがついてしまったが、ミラ イースの側は嫁いだ娘を落としてでもユーザー層の確実な囲い込みに差し向けようかという人選に、ナニワ商人道の本気をみる思いだ。...

提供元:webCG

オリコントピックス